映画『アンダーワールド覚醒』あらすじネタバレ評価を紹介!無料フル動画を視聴する方法!

アンダーワールド 覚醒

映画『アンダーワールド 覚醒』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる映画『アンダーワールド 覚醒』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

今すぐ映画『アンダーワールド 覚醒』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック

映画『アンダーワールド 覚醒』作品詳細

アンダーワールド 覚醒

ケイト・ベッキンセールの主演で、バンパイア(吸血鬼)族とライカン(狼男)族の種族の存亡をかけた戦いを描いた人気アクションシリーズの第4作。

バンパイア族の処刑人セリーンは、ライカン族のみならず同族のバンパイアからも追われた末に人間に捕らえられ、12年もの間眠りについていた。

戦いはセリーンが眠っている間も続き、バンパイアとライカンの力を欲する人間も加わった三つ巴の様相を呈していた。

眠りから覚めたセリーンは、自らの復讐とひとりの少女を救うため、混迷した戦いの場へと身を投じる。

監督はスウェーデン出身の新鋭モリス・モーリンド。

映画『アンダーワールド 覚醒』の作品データ

  • 原題 /Underworld: Awakening
  • 製作年 /2012年
  • 製作国 /アメリカ
  • 配給 /ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 上映時間 /88分

映画『アンダーワールド 覚醒』 主演キャスト一覧

  • セリーン:ケイト・ベッキンセイル
  • レーン博士:スティーヴン・レイ
  • セバスチャン:マイケル・イーリー
  • デヴィッド:テオ・ジェームズ
  • イヴ:インディア・アイズリー
  • トーマス:チャールズ・ダンス

映画『アンダーワールド 覚醒』スタッフ一覧

  • 監督/モンス・モーリンド
  • 監督/ビョルン・スタイン
  • 製作総指揮/エリック・リード
  • 製作総指揮/デヴィッド・カーン
  • 製作総指揮/デヴィッド・コートスワース
  • 製作総指揮/ジェームズ・マクウェイド
  • 製作総指揮/スキップ・ウィリアムソン
  • 製作総指揮/ヘンリー・ウィンタースターン
  • 脚本/レン・ワイズマン
  • 脚本/ジョン・ラヴィン
  • 脚本/J・マイケル・ストラジンスキー
  • 脚本/アリソン・バーネット
  • 音楽/ポール・ハスリンジャー

映画『アンダーワールド 覚醒』作品概要

映画『アンダーワールド 覚醒』は、ヴァンパイア、狼族、人間との3種族の争いを描いたアクション・ホラー作品です。

スタイリッシュで迫力のあるアクションシーンとゴシックを意識した世界観で描かれています。

『アンダーワールド』はシリーズ作品となっており、「覚醒」はシリーズ4弾目となります。

製作はアメリカ合衆国で公開されたのは2012年でした。

劇中ではグロい描写もありますのでR15指定されています。

監督はモンス・モーリンド、ビョルン・スタイン。主演はケイト・ベッキンセイル、その他のキャストに、スティーヴン・レイ、マイケル・イーリー他。
(吹き替え版では主演を田中敦子が担当)

映画『アンダーワールド 覚醒』のあらすじネタバレ

ここからは映画『アンダーワールド 覚醒』の詳しい内容やネタバレを含みます。 これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

バラバラになってしまうセリーンとマイケル

ヴァンパイア族のセリーン(ベッキンセイル)、ヴァンパイア族と狼男のライカン族の混血であるマイケル・コーヴィン(スコット・スピードマン)はヴァンパイア族・ライカン族の双方から追われる身となります。

その最中で人間に見つかり、2人は水中に飛び込み逃走を図るも失敗。囚われてしまいます。

セリーンは冷凍カプセルに入れられ、目を醒ました時には12年の時が過ぎていたのでした。

マイケルを探すも見つからず

セリーンが目を醒ました場所はアンディジェン社でした。

何故目覚めたのか、マイケルはどこなのか、何もわからないままにセリーンは脱出を試みます。

その最中に「被験体2」と呼ばれる者の存在を知ります。

被験体2はすでに脱出しているようで、セリーンはマイケルが被験体2ではないかと疑います。

時折、脳が被験体2と同調して流れ込んでくる映像、それを頼りにセリーンは施設を脱出し情報を集めていくのでした。

突如現れた娘の存在

情報を集めていく中でセリーンはある殺人現場に遭遇します。遠くの高所から伺っている姿を刑事であるセバスチャン(マイケル・イーリー)、そして青年デヴィッド(テオ・ジェームズ)に目撃されます。デヴィッドはセリーンと同じくヴァンパイア族でした。

脳に流れ込む映像からライカンに狙われている者がいることに気付いたセリーンの後を追い、デヴィットは接触を図ります。

そして2人はイブ(インディア・アイズリー)という少女に出会うのでした。

イブはライカンに狙われている所を2人に助け出されるのですが、実はこの少女はセリーンとマイケルとの間に生まれた娘だったのです。

長い間アンディジェン社で囚われていたセリーンを目覚めさせたのも娘の仕業でした。

人間の協力も得て追手を倒す

物語の中盤、アンディジェン社がイブ奪還をもくろみ刺客が送り込まれ、イブは奪われてしまいます。

セリーン達は、イヴを攫った敵は人間だと思っていましたが、実は人間に扮したライカンの仕業であり、アンディジェン社のトップであるレーン博士もライカンだったのです。

アンディジェン社が怪しいと踏んでいたセバスチャンから協力を得て、セリーンはイブ奪還、そして恋人のマイケルの消息を掴むために再びアンディジェン社に向かうのでした。

迫りくるライカンに苦戦しながらもデヴィットやセバスチャンの協力のもと、ライカンを倒すことに成功します。

ですが、マイケルとは結局再開することは叶いませんでした。

アンダーワールド 覚醒の概要の感想

シリーズものということで、勿論ですが前作の続きから物語は始まります。

ですが冒頭で軽くあらすじの説明がありますので前情報が無くても問題なく観れます。

今作を観てから、シリーズ1弾目を観てみる、というのも有かもしれません。

全体を通してアクションシーンが多く、そして迫力があります!

その迫力に見入ってしまうと上演時間の88分はあっという間に感じるでしょう。

製作が2012年ですが、そうとは感じないアクションシーン、演出でした。

ちなみに、R15指定作品なので所々骨が飛び出たり…というようなぎょっとする場面もありますが、むごい拷問シーン等はありません。

SAWを直視出来る方であれば物足りなささえ感じる程度です。

見どころの1つとして、主人公のセリーンが強くてかっこいい、そして美しい事が挙げられます。

バイオハザードのミラ・ジョヴォヴィッチが好きな方にはお勧めです。

戦う女性の姿はグッとくるものがあります。

この作品は今作で終了では無く、まだ物語が続く形で終わります。

ちなみにシリーズ5弾目は2016年に制作されています。

次回では娘のイブとの絆やマイケル救出が見られたりするのでしょうか。

是非ご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です