映画『ザ・ロック』あらすじとラスト結末ネタバレ!動画を無料視聴する方法や感想も!

ザ・ロック

映画『ザ・ロック』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる映画『ザ・ロック』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

今すぐ映画『ザ・ロック』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓↓↓

映画『ザ・ロック』作品詳細

猛毒の神経ガス・ロケット弾を奪ってアルカトラズ島を占拠したテロリスト集団と、密命を帯びて島に潜入した2人の男の戦いを描いたアクション大作。

スリリングなストーリー、大がかりなアクション、主演の3人の男優の好演など見どころは多い。

「ホーリー・ウェディング」のデイヴィッド・ウェイスバーグとダグラス・S・クックの原案を基に、彼らとこれがデビューとなるマーク・ロスナーが共同で脚本を執筆。

監督に前作「バッドボーイズ(1995)」でデビューし、注目されたマイケル・ベイが抜擢された。

製作は「クリムゾン・タイド」「バッドボーイズ」などのヒットメーカー・コンビ、ドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマーで、95年に他界したシンプソンの遺作となった。エグゼクティヴ・プロデューサーはウィリアム・スチュアート、ルイス・A・ストローサー、主演のショーン・コネリーの共同。

撮影は「ハードロック・ハイジャック」のジョン・シュワルツマン、音楽は「9か月」のニック・グレニー・スミスと「デンジャラス・マインド 卒業の日まで」のハンス・ジマー、美術は「クリムゾン・タイド」のマイケル・ホワイト、編集は「セブン」のリチャード・フランシス・ブルース、衣裳は「バッドボーイズ」のボビー・リード。

特殊効果コーディネーターは「ツイスター」のマイケル・メイナーダス、特殊視覚効果はドリーム・クエスト・イメージスが担当。

主演は「理由」のショーン・コネリー、「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ、「ニクソン」のエド・ハリス。

共演は「トゥームストーン」のマイケル・ビーン、「12モンキーズ」のデイヴィッド・モース、「デンバーに死す時」のウィリアム・フォーサイス、「彼と彼女の第2章」のジョン・スペンサー、共に舞台で活躍し、これが映画デビューとなったクレア・フォーラーニとヴァネッサ・マーシルほか。

映画『ザ・ロック』作品データ

  • 原題/The Rock
  • 製作年/1996年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
  • 上映時間/135分

映画『ザ・ロック』キャスト一覧

  • ニコラス・ケイジ/Stanley Goodspeed
  • ショーン・コネリー/John Patrick Mason
  • エド・ハリス/General Francis X. Hummel
  • マイケル・ビーン/Charles Anderson
  • ウィリアム・フォーサイス/Eddie Paxton
  • デビッド・モースT/om Baxter
  • ジョン・スペンサー/F.B.I. Director Womack
  • ジョン・C・マッギンレー/Marine Captain Hendrix
  • トニー・トッド/Captain Darrow
  • ボキーム・ウッドバイン/Sergeant Crisp
  • クレア・フォーラニ/Jade Angelou
  • バネッサ・マーシル/Carla Pestalozzi
  • グレゴリー・スポーレダー/Captain Frye

 

映画『ザ・ロック』スタッフ一覧

  • 監督/マイケル・ベイ
  • 脚本/デビッド・ワイズバーグ ダグラス・S・クック マーク・ロスナー
  • 原案/デビッド・ワイズバーグ ダグラス・S・クック
  • 製作総指揮/ウィリアム・スチュアート ショーン・コネリー ルイス・A・ストローラー
  • 製作/ドン・シンプソン ジェリー・ブラッカイマー
  • 撮影/ジョン・シュワルツマン
  • 美術/マイケル・ホワイト
  • 音楽/ニック・グレニー=スミス ハンス・ジマー
  • 編集/リチャード・フランシス=ブルース
  • 衣装デザイン/ボビー・リード
  • 特殊視覚効果/ドリーム・クエスト・イメージズ
  • 特殊効果コーディネーター/マイケル・メイナーダス
  • 字幕/戸田奈津子

映画『ザ・ロック』作品概要

ハードアクションのエンターテイメント

「バッドボーイズ」でデビューしたマイケル・ベイ監督による『ザ・ロック』は1996年公開のアメリカ映画。

本物にこだわった作品は大ヒットを記録し、アーノルド・シュワルツェネッガーがオファーを断り後悔しているという作品です。

「ワイルド・アット・ハート」「月の輝く夜に」など、様々な役を演じるもアクション映画は今作が初めてというニコラスケイジが、アクション映画であるのにどこか間の抜けたオタク捜査官を見事に演じます。

66歳にしてこの上ないハードなアクションを演じるショーン・コネリーは「007」「インディージョーンズ」など、映画界きっての超ベテラン俳優です。

そして、この2人に対立する誇り高き強い正義感を持つテロリスト役を「アポロ13」でアカデミー賞助演男優賞ノミネートのエド・ハリスが演じ、3人の豪華キャストで休む暇ない緊迫感溢れる世界を作り上げました。

舞台となるのは、サンフランシスコ湾に実在するアルカトラズ島の刑務所、通称『ザ・ロック』。1075年の「アルカトラズからの脱出」や1994年の「告発」などでも知られる脱獄不可能の悪魔の島です。

映画『ザ・ロック』あらすじネタバレ

ここからは映画『ザ・ロック』の詳しい内容やネタバレを含みます。 これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

アメリカ海兵隊武装偵察部隊の英雄フランシス・X・ハメル准将(エド・ハリス)はベトナム戦争での英雄と称されていました。

20年以上も国の平和のために働いてきましたが、非合法的な作戦により、多くの部下や仲間を見殺しにされた上、遺族に対しての保証もなく、事実すら公表しない政府に対し、不信感と拭えない怒りを抱えます。

とうとうハメル准将は、部下を引き連れ強硬手段に出ることを決意します。

海軍兵器庫から神経系化学兵器を盗み出しました。

そして、今や観光ツアーのコースとして利用されている脱獄不可能の悪魔の島、アルカトラズ島の刑務所、通称「ザ・ロック」に訪れた観光客81人を人質に取り占拠地としたのです。

テロリストと化したハメル准将の軍隊は政府に対し、40時間で1億ドルを払わなければサンフランシスコに目掛け、神経系毒ガスロケットVXガスを発射すると脅します。

戦闘未経験のFBI捜査官

対策本部としては、ロケットの発射装置を除去する他手段はなく、FBI特別捜査官の化学兵器のスペシャリスト、スタンリー・グッドスピード(ニコラス・ケイジ)に島への潜入と、毒ガスの処理に当たるよう命じます。

科学オタクのグッドスピードは、捜査官といえど戦闘の経験はなく、部隊が待ち受ける島に侵入を試みるなど考えてもみないことでした。

メイソンの逃亡

そしてテロリストたちに気づかれずに島に潜入できる方法を知っている男、ジョン・パトリック・メイソン(ショーン・コネリー)にも協力を仰ぎます。

元イギリス情報局秘密情報部のメイソンは「ザ・ロック」から脱獄に成功した唯一の存在。

脱獄後に取り押さえられ、30年以上も塀の中に囚われ、存在すら消されているメイソンがミッション成功後の自由を条件にアメリカ政府に協力することになりました。

しかし、メイソンはまたもや娘に会うため逃亡をはかります。激しい逃走劇の後、駆け付ける警官たちの前で、メイソンは取り押さえられそうになります。

グッドスピードはメイソンと娘との再会に水を指さぬよう機転を利かせ、約束通りグッドスピードと共に島に潜入する運びとなりました。

迫るタイムリミット

残された時間が少ない中、2人はアンダーソン(マイケル・ビーン)率いるSEALS部隊と共に作戦通り島に上陸します。

しかし、待ち伏せしていたハメル准将の部隊と銃撃戦になり、SEALS部隊はグッドスピードとメイソンを除き全滅します。

2人は何とか敵から逃れ、仕掛けられたロケットを解体していく作業に移ります。

化学兵器から慎重にチップを取り出し解体していくグッドスピードと、戦闘態勢のメイソンですが、残り3基という時にハメル准将が人質を盾に脅しをかけ、メイソンは時間稼ぎの為自ら囚われに行きます。

しかし、グッドスピードもその後拘束され、タイムリミットまでの残された時間はわずかになってしまいました。

それぞれの目的と終結

一方、対策本部では犠牲は承知の上、最終的には島ごと焼き尽くす空爆計画をしていたのです。

時間だけが過ぎ、ハメル准将は部下たちから発射を迫られます。

とうとうロケットを発射するが、ハメル准将はロケットの目標を故意にずらし部下たちに反感をかいます。

部下たちの反乱によって銃撃戦になり、残る2基のミサイルのありかを告げ、ハメル准将は死にました。

銃撃戦の末、2人は間一髪のところで残る2基のロケットを解体し、発煙筒でミッション成功を知らせます。

しかし間に合わず、戦闘機によって爆撃されてしまいます。的は外れたものの、FBI長官の意図を感じ取っていたグッドスピードは長官にメイソンは死んだと嘘を言いそのままメイソンを逃がします。

代わりにメイソンはグッドスピードにある場所を伝え、去っていきました。

元通りの幸せ

全てが解決し、彼女との結婚式を迎えたグッドスピードは、メイソンから聞いた場所へ行き、協会の木彫りの像を盗み出します。

その中には彼の数々の事件の詳細が記録されたマイクロフィルムが隠されており、フィルムを手にしたグッドスピードは彼女と笑い合うのでした。

リアルしかないスーパーアクション

何処で息をつけばよいのかわからないほど、最後の最後まで緊迫感が続きます。

メイソン逃亡時のケーブルカーを巻き込んでのカーチェイス、「ザ・ロック」の地下水路での爆発、リアルしか感じない映像と演技に鼓動が早くなります。

ショーン・コネリーの年齢を感じさせない派手なアクションと、情けない表情で不安げだが、筋の通った信念を持つグッドスピード役のニコラス・ケイジ。

2人の安定感はもちろんですが、こうすることでしか主張できなかったハメル准将の強くて悲しい結末が心に響き、悪役と言えど自然に共感してしまうのです。

2人の両極端な性格が時に面白さをか持ち出し、2人の間に芽生える信頼関係にも余韻が残ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です