映画『斉木楠雄のΨ難』実写版フル動画を無料視聴する方法!│あらすじネタバレ解説も!

映画『斉木楠雄のΨ難』

「斉木楠雄のΨ難」は、麻生周一原作による少年ジャンプコミックスを映画化した、山崎賢人主演の日本映画です。

ごく普通の高校に通っている主人公の斉木楠雄は、生まれながらにしてあらゆる超能力を使うことが出来る超能力者です。

楠雄の高校で毎年行われる文化祭の時期が物語の舞台です。担任の講師はホームルームにて、この文化祭で少しでも問題が起きれば来年から文化祭は中止となるという報告をします。

毎年、文化祭の日を利用し、テレポーテーションを使って小旅行に出かけていた楠雄にとって、文化祭がなくなるのは死活問題。

何も問題が起こらないように超能力を駆使してその日を終えようと東奔西走するギャグメインのSF映画作品です。

映画『斉木楠雄のΨ難』実写版の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる映画『斉木楠雄のΨ難』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

今すぐ映画『斉木楠雄のΨ難』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓↓↓

映画『斉木楠雄のΨ難』動画を無料視聴する方法!

結論を先にお伝えすると、映画『斉木楠雄のΨ難』フル動画(最後まで視聴可能)を、今すぐ無料視聴する方法は、動画配信サービス・U-NEXTの「31日間無料トライアル」をおためしで利用するのがおススメの方法です!

U-NEXTU-NEXTの作品は、

・見放題作品(月額課金のみ)

・ポイントレンタル作品(都度、課金が必要な作品)

の2種類の作品区分がありますが、「31日間無料トライアル」の特典で、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTでお試しで視聴してみたい映画が、「ポイントレンタル作品」でも、特典の600ポイントがあるので、新作映画やポイントが必要な映画も無料で視聴することができるんです!

ちなみに、映画『斉木楠雄のΨ難』「見放題作品」に分類されますので、特典の600ポイントは消費せずに見る事ができます。

映画『斉木楠雄のΨ難』を視聴した後、他に気になる作品が「ポイントレンタル作品」だったとしても、特典の600ポイントを使って視聴する事ができるので、かなりお得ですね。

もちろん、「見放題作品」は「31日間無料トライアル」の期間内であれば、すべて無料で視聴する事ができます。

また、U-NEXTは海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品、国内ドラマ、各TV局の見逃しドラマも配信しています。

更に最新コミックや電子書籍もあり、ここからは大きな声では言いませんが、アダルト動画(15,000本以上)も見放題作品にラインナップされています。

見放題作品を何本視聴しても、無料期間中に解約をすれば料金は一切かかりませんのでご安心下さい。

※本作品の配信情報は2020年1月時点の情報です。現在は配信が終了している可能性もございますので、現在の配信状況については U-NEXT サイトをご確認ください

映画『斉木楠雄のΨ難』作品詳細

「週刊少年ジャンプ」連載でテレビアニメ化もされた人気漫画を、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」を手がけた福田雄一監督のメガホンにより実写映画化。

とてつもない超能力を持っているが、その力を隠して目立たずに、誰にも干渉されない普通の生活を望む高校生の斉木楠雄。

しかし、そんな楠雄の思いとは裏腹に、彼の周囲にはなぜか楠雄に思いを寄せる妄想美女・照橋心美や、超能力でも気配が読めない燃堂力など、変な奴らが集まってくる。

毎年恒例の文化祭も穏便にやり過ごそうする楠雄だったが、次から次へと災難が降りかかり、まさかの地球滅亡の危機にまで発展してしまい……。

主人公の斉木楠雄役は、「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」など、数々の漫画実写化作品で主演を務める山崎賢人。

共演には橋本環奈や新井浩文のほか、福田作品常連のムロツヨシ、佐藤二朗といった個性的なキャストが集う。

映画『斉木楠雄のΨ難』作品データ

  • 製作年/2017年
  • 製作国/日本
  • 配給/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント、アスミック・エース
  • 上映時間/97分

映画『斉木楠雄のΨ難』キャスト一覧

  • (斉木楠雄)山崎賢人
  • (照橋心美)橋本環奈
  • (燃堂力)新井浩文
  • (海藤瞬)吉沢亮
  • (灰呂杵志)笠原秀幸
  • 稲川淳二
  • 山野海
  • 川久保拓司
  • 鎌倉太郎
  • 今野鮎莉

映画『斉木楠雄のΨ難』スタッフ一覧

  • 監督/福田雄一
  • 原作/麻生周一
  • 脚本/福田雄一
  • 製作/今村司/佐野真之/谷和男/弓矢政法/木下暢起/高橋誠/荒波修/久保雅一/本田晋一郎

映画『斉木楠雄のΨ難』作品概要

主人公が超能力者で周りの人物はすべて普通の一般人というSF映画でありながら、そのほとんどをギャグシーンが彩るコメディ映画です。

少年漫画独特のギャグでありながら、キャストもなかなか豪華で大人も楽しめる作品に仕上がっています。

SFということもあり、CGがしっかり使われていて、他の人物にはない圧倒的な強い能力を持った主人公の痛快な動きも必見です。

映画『斉木楠雄のΨ難』作品あらすじ

山崎賢人演じる斉木楠雄(以下「楠雄」と書きます。)はごく普通の高校に通う高校生。

しかし、彼には特殊な能力がありました。

それは、テレポーテーション、透視、サイコキネシスなどのありとあらゆる超能力を使うことが出来る超能力者であるということです。

超能力を使えても、その力があまりにも凄すぎて制御することが出来ず、まともに生活を送れないという悩みをつぶやくシーンで物語が始まります。

その独り言すらも、映画の冒頭だからこういうシーンを取っているのだというメタ発言をしてしまい、物語の冒頭から「これはコメディ映画なんだな」という実感を視聴者に与えます。

頭にアンテナのようなものをつけてピンクの髪色で、明らかに変な見た目をした楠雄ですが、超能力によって周りの人物全てに催眠をかけ、楠雄を普通の人間として見えるように操作しているのでした。

シーンが変わって学校のホームルームでは、次回行われる文化祭のことについて話し合いをしています。

担任の教師が言うのには、「毎年文化祭で何かしらの問題が起きていて、もし次回の文化祭でも問題が一つでも発生すれば文化祭は二度と行われることはなくなる。」というものでした。

楠雄にとって、文化祭は対して執着するようなイベントではありませんでしたが、文化祭が中止になると困る点が一つありました。

それは毎年文化祭の日、生徒が自由に行動する中で特に出席や欠席を取られていないことをいいことに、テレポーテーション能力を利用して日帰りの旅行に出かけるという楽しみがなくなってしまうという危惧でした。

このひとときの幸せを無くすことを心苦しいと感じた楠雄は、何としても無事文化祭を終了させることを心に決めます。

それから、楠雄の長い一日が始まるのでした。

橋本環奈演じる照橋心美(以下「照橋さん」と書きます。)はクラスのアイドル的存在ですが、楠雄を大きく意識しています。

というのも、心が読める楠雄にとって、照橋さんがどれだけ美人であろうと、心の中の薄汚い部分が丸見えになっている以上、全く照橋さんに魅力を感じないというわけです。

楠雄以外の男は、照橋さんを目の前にすれば「おっふ」というセリフを吐いて挙動不審になるのに対し、楠雄は全く動じないどころか、無視をしている始末。

そんな楠雄に闘志を燃やし、なんとか自分に振り向かせたいという照橋さんは、あの手この手で楠雄に仕掛けます。

照橋さんと10分間見つめ合う権利を賞品としたマラソン大会や、いつも楠雄の近くにいる友達から楠雄を離すための罠が文化祭中どんどん仕掛けられます。

楠雄は超能力を駆使して文化祭が無事に終わるように奔走するのでした。

映画『斉木楠雄のΨ難』作品ラスト結末・ネタバレ

ここからは映画『斉木楠雄のΨ難』の重大なネタバレを含む内容となっております。

「映画のあらすじだけ知りたい!」と思っている方、「絶対に結末を知りたくない方」はご注意下さい。

さまざまなアクシデントを未然に防いだ楠雄でしたが、体育倉庫の中に照橋さんと2人閉じ込められてしまいます。

実は、起こった数々のアクシデントは全て照橋さんの差し金によるもので、楠雄と2人きりになるための罠でした。

人の心理を読むことができる楠雄はそのことをいとも簡単に知ることになりますが、照橋さんの前でテレポートなどの超能力を使うわけにはいきません。

なんとかスキが出来ないかと伺っていましたが、外を見ると他校の不良が乱入してきています。

楠雄は、タイムリープの能力を使い、全ての不良を1日後の世界へ飛ばしてしまいます。

無事解決したものの、大量の人間をタイムリープすることによって体力を使い切った楠雄は、気絶してしまいます。

気絶してしまうことによって、楠雄が「普通の人」だと植え付けられていた催眠が溶けてしまった照橋さんは、楠雄の頭についている飾りを不思議に思います。

実はこの飾りは、楠雄の超能力を制御する装置で、この装置がなければ地球が危機に陥るという恐ろしいものでした。

興味本位でその装置を一本抜いてしまった照橋さんでしたが、その瞬間、世界中が壊滅しかけます。

楠雄は無事意識を取り戻しましたが、一度抜かれた制御装置のせいで校舎は大破、自分の正体が周りにバレてしまう、そして何より文化祭は確実に無くなります。

楠雄は最終手段として、楠雄の周りのもの全てを1日タイムリープさせ、元に戻し、記憶からも消えた状態にするという手段をとります。

そして1日前に戻り、また文化祭を無事終えるための挑戦が始まるというところで物語は幕を閉じます。

映画『斉木楠雄のΨ難』作品を視聴した感想と評価

超能力というSF要素もありながら、そのほとんどがギャグ漫画チックな要素で埋め尽くされている面白い作品でした。

橋本環奈の、見かけによらず汚い声や、心の中を描くための変顔が、全力で笑わせにきていると感じたので評価は高いです。

映画化したとき独特の劣化した感じや、ストーリーの大枠が無理やり変更されている感じもなかったため、原作を読まれている方にも知らない方にもお勧めできる作品です。

何も考えずにただ面白いのが見たい!という方は是非見てみてください。

\ オススメの人気動画配信サービス比較表 /

動画配信サイト 強いジャンル 月額費用(税抜) 無料期間
FODプレミアム 国内ドラマ 888円 1ヵ月間
U-NEXT 映画 1990円 31日間
Hulu 海外ドラマ 933円 2週間
ビデオマーケット 韓流ドラマ 500円 31日間
dTV アニメ 400円 31日間
Paravi(パラビ) 国内テレビドラマ 925円 30日間
AbemaTVプレミアム オリジナルコンテンツ 873円 1ヵ月間

※紹介している情報は2020年1月時点のものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です