注目キーワード
  1. 無料視聴
  2. ネタバレ

映画『パワーレンジャー』あらすじネタバレと評価を紹介!無料で視聴できる動画配信サイト情報も!

映画『パワーレンジャー』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる映画『パワーレンジャー』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

今すぐ映画『パワーレンジャー』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓↓↓

映画『パワーレンジャー』動画を無料視聴する方法!

結論を先にお伝えすると、映画『パワーレンジャー』フル動画(最後まで視聴可能)を、今すぐ無料視聴する方法は、動画配信サービス・U-NEXTの「31日間無料トライアル」をおためしで利用するのがおススメの方法です!

U-NEXTU-NEXTの作品は、

・見放題作品(月額課金のみ)

・ポイントレンタル作品(都度、課金が必要な作品)

の2種類の作品区分がありますが、「31日間無料トライアル」の特典で、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTでお試しで視聴してみたい映画が、「ポイントレンタル作品」でも、特典の600ポイントがあるので、新作映画やポイントが必要な映画も無料で視聴することができるんです!

ちなみに、映画『パワーレンジャー』は「ポイントレンタル作品」に分類されますが、特典の600ポイントを消費して無料で視聴する事が出来ます。

映画『パワーレンジャー』を視聴した後も、「見放題作品」は「31日間無料トライアル」の期間内であれば、すべて無料で視聴する事ができます。

また、U-NEXTは海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品、国内ドラマ、各TV局の見逃しドラマも配信しています。

更に最新コミックや電子書籍もあり、ここからは大きな声では言いませんが、アダルト動画(15,000本以上)も見放題作品にラインナップされています。

見放題作品を何本視聴しても、無料期間中に解約をすれば料金は一切かかりませんのでご安心下さい。

※本作品の配信情報は2019年12月時点の情報です。現在は配信が終了している可能性もございますので、現在の配信状況については配信先の公式ホームページをご確認ください

映画『パワーレンジャー』作品詳細

日本の「スーパー戦隊」シリーズを英語版ローカライズしたテレビドラマを、最新の映像技術を用いてリブートし、映画化したアクション大作。

紀元前、世界の運命を決める大きな戦いが起こり、5人の戦士によって地球は守られた。そして現代。

平凡な毎日を送っていたジェイソンら5人の若者は、偶然にも同じ時間・場所で不思議なコインを手にしたことから、超人的なパワーを与えられる。

戸惑う彼らの前に、かつて世界を守った「パワーレンジャー」の1人であるゾードンと機械生命体アルファ5が出現。再び地球を滅ぼすべく復活した悪の戦士リタ・レパルサを阻止するため、ジェイソンたちが新たなパワーレンジャーに選ばれたと告げられるが……。

パワーレンジャーの5人には本作がハリウッドデビューとなるデイカー・モンゴメリーや全米ブレイク中の歌手ベッキー・Gら、フレッシュな顔ぶれを起用。

「スター・ウォーズ フォースの覚醒」でBB-8の声を演じたビル・ヘイダーがアルファ5役、テレビドラマ「ブレイキング・バッド」のブライアン・クランストンがゾードン役、「ピッチ・パーフェクト」のエリザベス・バンクスがリタ・レパルサ役をそれぞれ演じる。

映画『パワーレンジャー』作品データ

  • 原題/Power Rangers
  • 製作年/2017年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/東映
  • 上映時間/124分

映画『パワーレンジャー』キャスト一覧

  • デイカー・モンゴメリー//ジェイソン・スコット/レッド・レンジャー
  • ナオミ・スコット//キンバリー・ハート/ピンク・レンジャー
  • RJ・サイラー//ビリー・クランストン/ブルー・レンジャー
  • ベッキー・G//トリニー/イエロー・レンジャー
  • ルディ・リン//ザック/ブラック・レンジャー
  • エリザベス・バンクス//リタ・レパルサ
  • ブライアン・クランストン/ゾードン
  • ビル・ヘイダー/アルファ5(声)
  • デビッド・デンマン/サム・スコット

映画『パワーレンジャー』スタッフ一覧

  • 監督/ディーン・イズラライト
  • 製作/ハイム・サバン ブライアン・カセンティーニ マーティ・ボーウェン ウィク・ゴッドフリー
  • 製作総指揮/アリソン・シェアマー ブレント・オコナー ジョン・ゲイティンズ ジョエル・アンドリク 鈴木武幸
  • 原案/マット・サザマ バーク・シャープレス ミシェル・マローニー キーラン・マローニー
  • 脚本/ジョン・ゲイティンズ
  • 撮影/マシュー・J・ロイド
  • 美術/アンドリュー・メンジース
  • 衣装/ケリ・ジョーンズ
  • 編集/マーティン・バーンフェルド ドディ・ドーン
  • 音楽/ブライアン・タイラー
  • 音楽監修/シーズン・ケント

映画『パワーレンジャー』作品概要

成長=「変身」する若者たちの青春映画『パワーレンジャー』

日本の特撮ヒーロー番組「スーパー戦隊シリーズ」を、英語版にローカライズした「パワーレンジャーシリーズ」。

1993年から現在までテレビシリーズ20作品が制作され、世界中の子供たちに親しまれています。

2017年制作の映画『パワーレンジャー』は、そのリブート版として、まったく新しいパワーレンジャーの物語をつむぎ始めました。

特撮ファンを中心に、日本でも話題を呼んだ本作。そのあらすじ・見どころを紹介します。

映画『パワーレンジャー』作品あらすじ

舞台は海沿いの街、エンジェル・グローブ。高校生のジェイソンは、将来を嘱望される有能なアメフト選手でありながら、友だちとの悪ふざけの末、車の横転事故を起こし、アメフトの道を断念せざるを得なくなる。

補習クラスに入ったジェイソンは、自閉症スペクトラム障害をもつビリーと知り合い、街はずれの鉱山へ行くことに。

鉱山には、同じ補習クラスのキンバリー、不登校気味のザック、内向的な転校生トリニーが来ていた。

鉱石の中から「パワーコイン」を発見したジェイソン、ビリー、キンバリー、ザック、トリニー。翌朝、彼らは自分の身体能力が異様に高くなっていることに気づく。

もう一度鉱山に集まった彼らは、谷底に謎の宇宙船を発見。

中に入ると、おしゃべりなアンドロイド・アルファ5と、ゾードンと名乗る、壁に埋め込まれた巨大な顔が待ち構えていた。

彼らからパワーレンジャーの歴史と、自分たちがその後継者であることを知らされたジェイソンたちは変身を試みるが、何度試しても成功しない。

街に危険が迫る中、生身のままでパワーレンジャーとしての特訓を始めるが、彼らに欠けていたのは、戦闘能力だけではなかった――。

映画『パワーレンジャー』作品ネタバレ

[aside type=”warning”]ここからは映画『パワーレンジャー』の詳しい内容やネタバレを含みます。 これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。[/aside]

ゾードンは、ジェイソンたちがパワーレンジャーに変身することで、自らの肉体も復活すると考え、変身を急がせていた。

そのことを知ったジェイソンたちは、パワーレンジャーになることを拒み、生身で邪悪な敵リタ・レパルサに挑む。

しかしそこでビリーが命を落とし、残された4人はビリーを連れて基地へ戻ることに。ゾードンはビリーに自分の命を与えた。

ビリーの死と蘇生をきっかけに、仲間を思う気持ちが高まったジェイソンたちは、パワーレンジャーに変身=モーフィングすることに成功。再びリタ・レパルサに挑んでいく。

リタはエンジェル・グローブの街に眠るジオ・クリスタルを狙って街を破壊する。地面から湧き出る怪物パティを倒し、専用マシン・ゾードでリタに追いつくパワーレンジャーたち。

リタは金の巨大怪人ゴールダーを出現させパワーレンジャーたちを窮地に追い込むが、彼らのゾードが合体しメガゾードとして反撃をはじめた。

息の合った操縦でゴールダーを倒し、リタを宇宙に追放したパワーレンジャーたち。

彼らの正体は依然として秘密だが、確実に街の希望となっていった。

後日、補習クラスに転校生が入れられる。その名はトミー・オリバー。

しかしその姿はまだ見えなかった。

映画『パワーレンジャー』作品感想レビュー

実は瑞々しい青春映画だ!

マーベル・シネマティック・ユニバースを代表に、2ヶ月に1本以上のペースでスーパーヒーロー映画が公開される現在。

『パワーレンジャー』も、スーパーヒーロー映画のジャンルに入ることは間違いありません。

ただし、この作品は同時に青春映画としての側面も大きく、そこが本作の特徴のひとつとなっています。

落ちこぼれたちの補習クラスから始まる物語、といえばジョン・ヒューズ監督『ブレックファスト・クラブ』。

異なるスクールカーストに属する生徒たちが、自身の悩みを打ち明けて次第に理解し合っていくこのディスカッション劇を、『パワーレンジャー』は大いに参考にしているのです。

本作の主人公のである5人の高校生は、家庭で、学校で、社会で疎外感、孤独感を覚え、生きづらさを抱えています。

そんな彼らにとっての補習クラスは、「パワーレンジャーとしての力を使いこなすこと」。

特訓を終え、きずなを深め、自身が成長できたときに、文字通り「変身」できる。『パワーレンジャー』は、スーパーヒーロー映画の形式を借りた、若者の成長譚、青春物語なのです。

アガる!ノレる!ヒーロー映画としても燃えるぞ!

映画が始まって1時間たってもなかなか変身しない・・・確かに初見では、退屈に思うのも仕方ありません。

というのも、この作品、落ちこぼれ達の成長=変身に最大のカタルシスを感じさせる作りのため、変身までの「ため」が長く感じられてしまうのです。

しかし、逆に言えば、変身してから興奮は格別!落ちこぼれ達がヒーローになり、横並びで歩くその雄姿!

最大限まで高められた身体能力を駆使しながら、縦横無尽に敵をバタバタと倒していくアクション!

専用のビークル「ゾード」で疾走するときに流れる「パワーレンジャー・映画版」のテーマ(「ゴー・ゴー・パワーレンジャー」)!

そして日本の戦隊ロボ以上に四肢操縦の分業がはっきりした巨大ロボ戦!など、戦隊もののお約束をきっちりと踏襲した、誰もがアガる!ノレる!展開が待っています。

怒涛のラスト30分は絶品です。

溢れるオリジナルへのオマージュ!

本作は、1993年のテレビシリーズ「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」(以下、「オリジナル版」)を原作としながら、シリーズ全体へのオマージュがちりばめられた、パワーレンジャー愛に溢れる作品です。

主人公たちのファーストネームや高校名はもちろん、高校の校章もオリジナル版と同じもの。

ゾードン役のブライアン・クランストンは、オリジナル版で敵怪人の声を担当しています。

オリジナル版でグリーンレンジャー、ホワイトレンジャーを演じたジェイソン・デビッド・フランクと、ピンクレンジャーを演じたエイミー・ジョン・ジョンソンが、エンジェル・グローブの住民役でカメオ出演も。

そのほか、トリニー/イエローレンジャーの寝室の窓の意匠が、オリジナル版のパワーコインのデザインであったり、ビリー/ブルーレンジャーの着けている時計はオリジナル版で使用された時計と同じものであったりと、原作へのリスペクトはとどまるところを知りません。

また、エンジェル・グローブの街に「リーフサイド」や「オーシャン・ブラフ・ロード」と書かれた標識が登場しますが、これは、『パワーレンジャー・ダイノサンダー』や『パワーレンジャー・ジャングルフューリー』の本拠地の名前。

ジェイソンの父サムが口にする「マリナーベイ」も、『パワーレンジャー・ライトスピードレスキュー』に出てくる地名です。

ビリーの部屋には『パワーレンジャー・イン・スペース』に登場する怪物のフィギュアが3体置かれています。

シリーズ全体への目配せも周到になされていることがわかります。

映画『パワーレンジャー』作品まとめ

青春映画ならではの魅力をつかみとろう!

公開時、日本では賛否両論を呼んだ『パワーレンジャー』。確かに、同じ日本ルーツでも、『パシフィック・リム』のような、圧力鍋でぐつぐつ煮たような面白さはないかもしれません。

しかしティーンエージャーたちの繊細な成長の物語であることを前提に鑑賞すると、自分の十代の頃の経験も蘇り、青春映画ならではの一味違う楽しみ方が出来るのではないでしょうか。

2018年5月に、米大手玩具メーカー・ハズブロ社は、本作の続編映画を企画していると発表しました。

撮影されながらも本編ではカットされたレッドとピンクのキスシーンや、5戦士それぞれの専用武器の描写、さらにクレジット後に言及されたトミー・オリバー/グリーンレンジャーの存在など、踏み込んで語るべき要素の残されている今作。

スーパーヒーロー映画好きだけでなく、青春映画ファンも楽しめる一作です。