注目キーワード
  1. 無料視聴
  2. ネタバレ

映画『パッセンジャーズ』あらすじとラスト衝撃結末ネタバレ!無料動画をフル視聴できる配信サイトは?

映画『パッセンジャーズ』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる映画『パッセンジャーズ』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

今すぐ映画『パッセンジャーズ』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓↓↓

31日間無料お試しする

無料登録も3分ぐらいで出来ます。
無料期間中に解約をすれば料金は一切かかりませんのでご安心下さい。

※本作品の配信情報は2020年4月時点の情報です。現在の配信状況についてはU-NEXT公式サイトをご確認ください

映画『パッセンジャーズ』動画を無料視聴する方法!

結論を先にお伝えすると、映画『パッセンジャーズ』フル動画(最後まで視聴可能)を、今すぐ無料視聴する方法は、動画配信サービス・U-NEXTの「31日間無料トライアル」をおためしで利用するのがおススメの方法です!

U-NEXTU-NEXTの作品は、

・見放題作品(月額課金のみ)

・ポイントレンタル作品(都度、課金が必要な作品)

の2種類の作品区分がありますが、「31日間無料トライアル」の特典で、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTでお試しで視聴してみたい映画が、「ポイントレンタル作品」でも、特典の600ポイントがあるので、新作映画やポイントが必要な映画も無料で視聴することができるんです!

ちなみに、映画『パッセンジャーズ』は「見放題作品」に分類されますので、特典の600ポイントは消費せずに見る事ができます。

映画『パッセンジャーズ』を視聴した後、他に気になる作品が「ポイントレンタル作品」だったとしても、特典の600ポイントを使って視聴する事ができるので、かなりお得ですね。

もちろん、「見放題作品」は「31日間無料トライアル」の期間内であれば、すべて無料で視聴する事ができます。

また、U-NEXTは海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品、国内ドラマ、各TV局の見逃しドラマも配信しています。

更に最新コミックや電子書籍もあり、ここからは大きな声では言いませんが、アダルト動画(15,000本以上)も見放題作品にラインナップされています。

31日間無料お試しする

見放題作品を何本視聴しても、無料期間中に解約をすれば料金は一切かかりませんのでご安心下さい。

※本作品の配信情報は2020年4月時点の情報です。現在は配信が終了している可能性もございますので、現在の配信状況については配信先の公式ホームページをご確認ください

映画『パッセンジャーズ』作品詳細

飛行機事故で生き残った5人の乗客のカウンセリングを担当することになったセラピストのクレアだったが、5人の生存者がひとりまたひとりと姿を消していく。

不審に思ったクレアは事故の真相を探っていくが、そこには驚愕の事実が……。

「彼女を見ればわかること」「美しい人」のロドリゴ・ガルシア監督が挑んだサスペンスで、主演は「プラダを着た悪魔」「レイチェルの結婚」のアン・ハサウェイ。

共演にパトリック・ウィルソン、デビッド・モースら。

映画『パッセンジャーズ』作品データ

  • 原題/パッセンジャーズ(原題:Passengers)
  • 製作年/2008年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/ショウゲート
  • 上映時間/93分

映画『パッセンジャーズ』キャスト一覧

  • アン・ハサウェイ/クレア・サマーズ
  • パトリック・ウィルソン/エリック・クラーク
  • デビッド・モース/アーキン
  • アンドレ・ブラウアー/ペリー
  • クレア・デュバル/シャノン
  • ダイアン・ウィースト/トニ

映画『パッセンジャーズ』スタッフ一覧

  • 監督/ロドリゴ・ガルシア
  • 製作/ケリー・セリグ マシュー・ローズ ジャド・ペイン ジュリー・リン
  • 製作総指揮/ジョー・ドレイク ネイサン・カヘイン
  • 脚本/ロニー・クリステンセン
  • 撮影/イゴール・ジャデュー=リロ
  • 美術/デビッド・ブリスビン
  • 編集/トム・ノーブル
  • 音楽/エド・シェアマー

映画『パッセンジャーズ』作品概要

アン・ハサウェイ主演のサイコスリラー・パッセンジャーズ

2009年公開の映画『パッセンジャーズ』はAmazonプライムなどサブスクリプションサービスにて無料で視聴することができますが、もう見ましたか?

主演のアン・ハサウェイは「プリティ・プリンセス」「プラダを着た悪魔」などのラブコメディの可憐なヒロインのイメージが強いですが、今作では飛行機墜落事故の生存者が次々と消えていく不可解な事件を追う心理カウンセラーというちょっとハードボイルドな役を演じています。

パッセンジャーズの登場人物

・クレア・サマーズ(アン・ハサウェイ)
主人公。上司・ペリーの薦めで大規模な飛行機墜落事故の生存者5名のカウンセリングを受け持つことになった新米セラピスト。姉のエマと不仲。

・エリック・クラーク(パトリック・ウィルソン)
クレアの患者、生存者の1人。グループセッションを嫌がり、個人カウンセリングを受けている。何故かクレアのことをよく知っている。

・ペリー(アンドレ・ブラウアー)
クレアにカウンセリングを薦めた上司。

・トニ(ダイアン・ウィースト)
クレアの近所に住むお節介おばさん。

映画『パッセンジャーズ』作品あらすじネタバレ

ここからは映画『パッセンジャーズ』の詳しい内容やネタバレを含みます。 これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

飛行機事故の生存者にカウンセリング

セラピストのクレア・サマーズは、多数の死者を出した飛行機事故の生存者5人のカウンセリングを上司のペリーから依頼されます。

5人の内のエリック・クラークはグループカウンセリングを拒否したので、個人カウンセリングを行いますが、エリックはトラウマどころか気分が良すぎると話し、クレアを口説く始末。

エリックは何故か教えていないのに姉のエマに電話を掛けるよう勧めたり、コーヒーに何を入れるのが好きか知っていたりしますが、そんな不思議なエリックに次第にクレアも惹かれていきます。

その頃クレアの同じマンションに住むトニという女性が異様にプライベートに踏み込んでくるようになります。

消えていく患者たち

グループカウンセリングでは、全員事故当時の記憶が食い違っていて、上手くいきません。

そして患者の1人は謎の男に尾行されているとクレアに相談します。

クレアは被害妄想だと一蹴しますが、やがて患者が1人1人とグループセラピーに来なくなり、失踪してしまいました。

ペリーに相談しても「患者は消えたのか?死んだのか?」という意味深長な言葉を残すばかりで謎は深まるばかり。

クレアは事故が機長のミスなどではなく機体の欠陥であり、航空会社が男を雇って隠ぺいしようとしているのではないかと疑念を深め、真相を探るべく航空会社を訪ねますが、責任者のアーキンに邪険に追い払われてしまいます。

映画『パッセンジャーズ』のラスト・結末

死亡者リストに載るクレアの名前

クレアは仕事の合間にエマを訪ねましたが、何度訪ねても電話してもエマとコンタクトは取れません。

帰ろうとするクレアの前に、患者の1人を付け回していた謎の男が現れ、自分も事故の生存者であると言います。

真相を解き明かそうとするクレアに、アーキンは「あの事故での生存者はいない。すべて自分のせいだ」と告げ、資料を置いて立ち去ります。

そしてアーキンの残した資料の死亡者リストにはなんと「クレア・サマーズ」の名前が載っているではありませんか。

そうしてクレアはすべてを思い出します。

クレアも飛行機事故の犠牲者の1人。つまり、すでに死んでいるのです。

先だった人たちの優しさ

クレアのカウンセリングを受けていた5人の生存者たちは、自分の死を受け入れられずこの世に留まっている幽霊だったのです。

患者たちは何者かに連れ去られたりしたわけではありませんでした。

先に亡くなった身近な人々が死を受け入れる手伝いをしてくれて、そのおかげで自分の死を受け入れることができたので消えていったのでした。

上司のペリーはかつての恩師であり、お節介おばさんのトニは実の叔母で、先に亡くなった彼らもまたクレアが成仏する手助けをしてくれていたのです。

エリックと共に死を受け入れるクレア

エリックは、飛行機で隣の席に座り、意気投合した男性でした。

2人は話が弾みいい雰囲気になったところでエンジンが爆発し、事故が起きたのでした。

真相に気づいたクレアはエリックに会いに行き、2人は飛行機の墜落した場所へ船で行き、成仏して物語は終了です。

映画『パッセンジャーズ』の感想と評価まとめ

死者の優しさや思いに胸が暖かくなる

「主人公は実は幽霊でした」というオチは『シックスセンス』などで使い古されているようですが、今作はとにかく演出が上手くて、これだけヒントが随所にまき散らされているのに全然気づけません。

そして気づいた途端、映画のジャンルがサイコスリラーから感動のヒューマンものに変わります。

クレアやエリックの周囲の人間(及び犬)は航空会社からのスパイだと思っていたのに実は味方で、他の犠牲者たちも死んだ事実はつらいはずなのに死を受け入れた先達として同じ境遇のクレアを優しく導いてくれるさまは胸が暖かくなります。

死んでも人の心や優しさまでも消えるわけじゃないのだと、教えてくれる映画です。

あと本筋には関係ありませんが、アン・ハサウェイがとても美しいのでそれだけでも見る価値ありです。