映画『オーシャンズ11』フル動画を無料視聴する方法は?あらすじネタバレや感想を紹介!

オーシャンズ11

映画『オーシャンズ11』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる映画『オーシャンズ11』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

今すぐ映画『オーシャンズ11』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック

映画『オーシャンズ11』作品詳細

フランク・シナトラ主演の「オーシャンと十一人の仲間」(60)をリメイク。

ラスベガスの地下に眠る金庫から1億5000万ドルを盗み出すという、前代未聞の現金強奪計画のために、11人のプロフェッショナルが集結した!

監督を務めるのは「エリン・ブロコビッチ」「トラフィック」のスティーブン・ソダーバーグ。

ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシア、マット・デイモンといった、超豪華な出演陣が話題。

映画『オーシャンズ11』作品データ

  • 原題/Ocean’s Eleven
  • 製作年/2001年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/ワーナー・ブラザース映画
  • 上映時間/117分

映画『オーシャンズ11』キャスト一覧

  • ジョージ・クルーニー/ダニー・オーシャン
  • ブラッド・ピット/ラスティー・ライアン
  • ジュリア・ロバーツ/テス・オーシャン
  • マット・デイモン/ライナス・コールドウェル
  • アンディ・ガルシア/テリー・ベネディクト
  • ドン・チードル/バシャー・ター
  • エリオット・グールド/ルーベン・ティシュコフ
  • カール・ライナー/ソール・ブルーム
  • ケイシー・アフレック/バージル・マロイ
  • スコット・カーン/ターク・マロイ
  • エディ・ジェイミソン/リビングストン・デル
  • バーニー・マック/フランク・カットン
  • シャオボー・クィン/イエン

映画『オーシャンズ11』スタッフ一覧

  • 監督/スティーブン・ソダーバーグ
  • 製作/ジェリー・ワイントローブ
  • 製作総指揮/スーザン・イーキンス ジョン・ハーディ ブルース・バーマン
  • 脚本/テッド・グリフィン
  • オリジナル脚本/チャールズ・レデラー ハリー・ブラウン
  • 撮影/ピーター・アンドリュース
  • 編集/スティーブン・ミリオン
  • 音楽/デビッド・ホームズ

映画『オーシャンズ11』作品概要

2001年アメリカ映画。

1960年「オーシャンと十一人の仲間」のリメイク作品です。

監督は「エリン・ブロコビッチ」を手掛けたスティーブン・ソダーバーグ。主演はジョージ・クルーニーとブラッド・ピットです。

マッドデイモンや、ジュリア・ロバーツなど、豪華すぎるキャストで話題をさらいました。

舞台はラスベガスのカジノ。ジョージ・クルーニー演じるダニーオーシャンが仲間たちを誘い込み11人のプロフェッショナルが集結します。

セキュリティ万全のカジノ金庫を破り強奪するサスペンス・アクションです。コメディ要素もありで、目を覆うような残虐なシーンは無く、気持ちの良いテンポでストーリーが展開されていきます。

映画『オーシャンズ11』作品あらすじネタバレ

ここからは映画『オーシャンズ11』の詳しい内容やネタバレを含みます。 これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。

窃盗の容疑で服役していたダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)が仮釈放になりロサンゼルスにいるラスティ・ライアン(ブラッド・ピット)の元へ行き計画を持ち掛けたことから世紀の大泥棒劇が始まります。

計画とは、前代未聞、ラスベガスで名をはせているカジノの金が集まる金庫から現金を強盗するというもの。

ラスティは無謀とも思いながらもダニーの計画に乗り、各地にいるさまざまなプロフェッショナルの仲間を集めます。

元カジノのオーナーを勤めていた経歴のルーベン(エリオット・グールド)、ペテン師のフランク(バーニー・マック)、車に詳しくムードメーカーの双子であるモロイ兄弟、バージル(ケイシー・アフレック)とターク(スコット・カーン)、爆破のスペシャリスト、バシャー(ドン・チードル)、高い身体能力の持ち主で小柄のイエン(シャオポー・チン)、電気系統専門のリヴィングストン(エディ・ジェイミソン)、伝説の元詐欺師ソール(カール・ライナー)、そして亡くなった凄腕のすり師の息子であるライナス(マット・デイモン)です。

最大の強盗計画に盛り上がっていくが、実はダニーにはもう一つ目的がありました。

カジノオーナーであるテリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)と現在深い関係であるテス(ジュリア・ロバーツ)を取り戻すという目的です。

彼女はダニーの妻ですが、彼の犯罪に愛想をつかし、現在は離婚協議中なのです。

ダニーはテスを取り返すことと同時にベネディクトの金を奪い、鼻をへし折ることが目的でした。

ベネディクトはテスの知る表の豪華な顔の裏で、方法を選ばず邪魔者を排除していく冷酷な男だったのです。

ビジネスに私情を持ち込むことを嫌うラスティは計画の中止を申し出ましたが、結局は強盗計画を実行します。

しかし計画はそう簡単にはいきません。

金庫にたどりつくためには12時間ごとに暗証番号がころころ変わる3つの扉を開けなければならないのです。

それだけでなく最新のセキュリティが組み込まれており、どんなプロフェッショナルによっても未知の金庫を破ることは相当の知恵と発想力、そして実現化させる訓練が必要でした。

そこで、徹底的な下調べの上、カジノ一帯の電気を止め停電を起こしてから金庫に潜入することを考えたのです。

売り上げの金と一緒に金庫に体を折り曲げて保管されたイエンが内側から爆発を仕掛け、外で待機していたライナス達と合流します。

ボクシングの観戦中に異常事態を知らされたベネディクトが、SWATに要請を頼みますが、実はそのSWAT隊こそがオーシャンの仲間であり、正面から堂々と1億5,000万ドルもの金を持ち出すことに成功したのです。

モニターに映し出された冷酷非道なベネディクトの姿をみたテスは、彼のもとを離れます。

仮釈放中に州外へ行ったことで、ダニーはまた刑務所に逆戻りですが、彼の計画は見事成功に終わりました。そして仲間たちはまたそれぞれの生活に戻っていくのです。

アップテンポでスマートな強盗劇

泥棒と呼ぶにはもったいないほどスマートで、スタイリッシュな泥棒達です。

泥棒の話しは昔から尽きませんが、この映画はカジノの金庫をやぶるという話で終わってほしくありません。見所が盛りだくさんなのです。

いつも何かを食べているラスティや、テスの衣装や、しぐさ。ソールの人生を感じさせる風貌。

ライナスの青臭さを感じさせる表情など、回数を重ねる毎に発見できる楽しみがあります。

ビジネスとして割りきった関係でありながら、友情ともいえる深い繋がりもみえます。

ダニーはいかにも大人の男性を思わせる落ち着きがありますが、それと裏腹に、人間くさい情けなさが垣間見れて、そのギャップに引き付けられます。

ダニーを除き大金を手にしたメンバー達が、ラスベガスの華やかな噴水に背を向け、また元の生活へと散らばっていく姿に各々の人生を見ることができたような気がしました。

強盗は決して褒められることではありません。

そこを推奨するのではなく生き方をテーマと掲げている映画だと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です