注目キーワード
  1. 無料視聴
  2. ネタバレ

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』あらすじとラスト結末!フル動画が無料視聴できる配信サイトは?

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

今すぐ映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓↓↓

目次

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』動画を無料視聴する方法!

結論を先にお伝えすると、映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』フル動画(最後まで視聴可能)を、今すぐ無料視聴する方法は、動画配信サービス・Hulu(フールー)の「2週間無料トライアル」のおためしを利用するのがおススメの方法です!

Hulu無料お試し

Hulu(フールー)の作品は、人気映画やドラマ60,000本が見放題のオンライン動画配信サービスです。

もちろん、無料お試し期間中も、有料会員と同じ機能が使えるので、「この映画だけ見れない」という事はありません。

Hulu(フールー)のメリット

Hulu(フールー)は、2019年12月現在で6万本の動画が見放題なんです。

課金が必要な動画はなく、すべての動画が見放題なので、月額費用以外の料金は発生しません。

海外ドラマや国内のドラマ、子供向け番組やアニメなどのコンテンツも充実しています。

Hulu(フールー)でしか見られない作品もあります。

Hulu(フールー)の視聴はパソコンはもちろん、テレビ、スマホでも視聴可能ですので、お家でも外出先でもどこでも視聴できます。

登録方法も簡単で3分ぐらいですぐに完了できるので、是非登録しておきたいおススメの動画配信サービスです。

お試し期間中に動画を何本視聴しても、無料期間中に解約をすれば料金は一切かかりませんのでご安心下さい。

※本作品の配信情報は2019年12月時点の情報です。現在は配信が終了している可能性もございますので、現在の配信状況については配信先の公式ホームページをご確認ください

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』作品詳細

トム・クルーズの代名詞ともいえる大ヒットスパイアクション「ミッション:インポッシブル」のシリーズ第5作。

CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織「シンジケート」の暗躍により、イーサン・ハントの所属するIMFはまたも解体の危機に陥る。組織の後ろ盾を失いながらも、イーサンは仲間とともに世界の危機を救うため史上最難関のミッションに挑む。

約1500メートルの上空を飛ぶ軍用機のドア外部から機内に侵入するというアクションを、クルーズがスタントなしで演じているシーンが撮影時から話題に。

監督は、クルーズ主演の「アウトロー」も手がけたクリストファー・マッカリー。共演はシリーズ出演3作目となるサイモン・ペッグ、前作から登場したジェレミー・レナー、シリーズ全作出演のビング・レイムスほか、新ヒロインとしてスウェーデン出身のレベッカ・ファーガソンが参戦。

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』作品データ

  • 原題/Mission: Impossible – Rogue Nation
  • 製作年/2015年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/パラマウント
  • 上映時間/132分
  • 主演/トム・クルーズ

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』キャスト一覧

  • (イーサン・ハント)/トム・クルーズ
  • (ウィリアム・ブラント)/ジェレミー・レナー
  • (ベンジー・ダン)/サイモン・ペッグ
  • (イルサ・ファウスト)/レベッカ・ファーガソン
  • (ルーサー・スティッケル)/ヴィング・レイムス
  • (ソロモン・レーン)/ショーン・ハリス
  • (アラン・ハンリー)/アレック・ボールドウィン
  • (アトリー)/サイモン・マクバーニー
  • チャン・チンチュー
  • トム・ホランダー

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』スタッフ一覧

  • 監督/クリストファー・マッカリー
  • 原作/ブルース・ゲラー
  • 音楽/ジョー・クレイマー
  • 脚本/クリストファー・マッカリー
  • 製作/トム・クルーズ/J・J・エイブラムス/ブライアン・バーク/デヴィッド・エリソン/デイナ・ゴールドバーグ/ドン・グレンジャー

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』作品概要

シリーズ五作目「ミッション:インポッシブル/ローグネイション」

今回はトム・クルーズ主演の大人気スパイアクション映画の第五作目、「ミッション:インポッシブル/ローグネイション」のあらすじ、ネタバレを含む紹介記事です。

「ミッション:インポッシブル/ローグネイション」の登場人物

イーサン・ハント(トム・クルーズ)

IMFの凄腕エージェント。
悪の組織シンジゲートを追っている。

イルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)

IM6の女スパイ。イーサンを助けるが・・・

ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)

IMFの分析官。

ベンジー・ダン(サイモン・ペッグ)

IMF本部のガジェット開発担当。

アラン・ハッカリー

CIA長官。

ソロモン・レーン

シンジゲートのボス。

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』作品あらすじ

乗っ取られたIMF

IMFのスパイであるイーサンはベンジーとブラントとともに輸送機で秘密裏に運び出されようとしていた兵器の奪還に成功し、ロンドンにあるIMF本部に帰還します。

押収した兵器は大都市を壊滅させることが可能なVX神経ガスで、悪の組織・シンジゲートが兵器の輸送を裏で操っていたのだとイーサンは指令に報告しましたが、指令は「我々こそがシンジゲートだ」と言い放ちます。

実はIMFはずっとシンジゲートに牛耳られていたのです。

イーサンは気絶させられ、拷問部屋に連れていかれますが、謎の女スパイイルサに救出されます。

お尋ね者イーサン

一方、IMFの違法行為すら容認する姿勢を問題視していたCIA長官のハッカリーの提案によってIMFは解体されCIAに吸収されてしまいます。

そして召集に応じないことを背信行為とみなされたイーサンを指名手配します。

6カ月後、イーサンは独自の調査でシンジゲートの正体が、各地で死んだり行方不明になったスパイたちをかき集めたローグネイション(ならず者国家)であることを突き止め、彼らの次の標的がオーストラリア首相の殺害であることを見抜きます。

そして今はCIA職員として働くベンジーに協力を求めて暗殺計画を止めようと奔走します。

その暗殺が予定されたパーティでイーサンはイルサと再会します。

イルサに対して疑念を抱きながらも、彼女がシンジゲートとIMFの二重スパイで首相殺害を本当は止める気でいることを知り、協力して暗殺者を退けましたが、結局車が爆破され、オーストラリアの首相は暗殺されてしまいます。

イルサの裏切り

イルサから「シンジケート」のボスであるソロモン・レーンの極秘情報が入力されたデータファイルがモロッコの極秘施設にあると知らされたイーサンは、極秘施設に潜入しデータが入ったUSBを手に入れました。

しかし直後にイルサが裏切って、USBを奪われてしまいます。

その後、ブラントとルーサーもイーサンに合流します。彼らはイルサがイーサンに取得させたデータはソロモン・レーンの情報ではなく、イギリス首相にしか暗号を解除できない「レッドボックス」に入った極秘データだということをつきとめます。

一方、イルサは上司であるアトリーにデータを渡し潜入任務を終わらせたい旨を願いましたが、却下され、レーンにUSBを届ける羽目になりますが、アトリーがデータを密かに消去していたため、レーンの怒りを買ってしまいます。

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』作品ラスト結末・ネタバレ

[aside type=”warning”] ここからは映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』の重大なネタバレを含む内容となっております。

「映画のあらすじだけ知りたい!」と思っている方、「絶対に結末を知りたくない方」はご注意下さい。[/aside]

シンジゲートの正体とは

イーサンはデータを餌にイルサに接触しましたが、逆にレーンによってベンジーが拉致され、人質を返してほしければ極秘データを奪ってくるよう要求されました。

イーサンたちは「レッドボックス」からデータを奪取するべく、イギリス首相の拉致計画を実行し、データの解読に成功します。

データの正体はMI6が「シンジケート」計画用に用意した莫大な秘密資金の口座番号でした。実はシンジゲートは任務のためにアトリーとレーンが作ったものだったのですが、レーンが裏切り、悪の組織になったのでした。

イーサンはレーンが指定した交換場所へ行きます。そこには爆弾が括りつけられたベンジーが。さらにレーンはメモリを渡して用済みになったらイーサンを殺すつもりでした。

しかしイーサンは口座番号はすべて暗記しているため自分を殺したら金は手に入らないと脅し、ベンジーを解放させます。

そして1対1の死闘の末、レーンをガラスケースの中に閉じ込め、戦いに制したのでした。

エピローグ

イルサは自由の身になりどこかへと姿を消しました。

アトリーはIMFの解体はシンジゲートを潰す作戦の一環であったと政府に嘘をついてIMFを復活させ、その長官になります。

映画『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』作品を視聴した感想と評価

まさかの味方だったはずのIMFが敵の敵落ちていたという衝撃的なストーリーでした。

見どころはなんといってもクライマックスの建設途中の立体駐車場でのイーサン対レーンの戦いのシーンでしょう。

肉弾戦のみならず、車を落したり、自らが落ちたり登ったりと、立体的な戦いに目が釘付けです。

シリーズものの第5作目ということもあり、イーサンの状況や相関関係を理解するのは少し骨が折れますが、難しいことは考えずトム・クルーズのアクションや手に汗握る展開を楽しめば問題ないです。

以上、「ミッション:インポッシブル/ローグネイション」のあらすじ・ネタバレでした。

参考にしていただけると幸いです。