注目キーワード
  1. 無料視聴
  2. ネタバレ
心に響く映画をお届け!新作映画から名作・マニアックまで担当者が厳選して紹介するWEBマガジン│SHOCK WAVE MOVIE -ショックウェイブムービー- 動画処理班

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』9話ネタバレとあらすじ!│視聴した感想も紹介!

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第8話のあらすじ振り返り

最初に、前話の『恋はつづくよどこまでも』第8話のあらすじを振り返ってみましょう。

佐倉七瀬(上白石萌音さん)のことを気に入った患者の上条周志(清原翔さん)から、患者に対する暴力と精神的苦痛ということで訴えられた天堂浬(佐藤健さん)でしたが、事実は違うものでした。

事実は、天堂に対する嫉妬で上条が作った嘘だったのですが、上条が御曹司ということもあって病院側は上手く対応できません。

上条の担当を外れることになった天堂は、亡くなった元恋人と同じ病気の白浜杏里ちゃん(住田萌乃さん)のことを気にかけていました。

すると朗報が入り、念願であった杏里ちゃんの心臓移植が可能になります。

天堂はすぐに手術の準備に取り掛かりますが、上条がまたもや病院側に圧力をかけたため、手術に参加できなくなってしまいます。

それを聞いた佐倉が上条と話しに行くと、上条から「転院先のシンガポールまで付いてきてくれて、佐倉が天堂と離れ離れになったら訴えを取り下げてもいい。」と条件を出されます。

悩んだ末に佐倉が出した答えは、天堂と離れることでした。

そのおかげで、天堂は杏里ちゃんの手術に参加できましたが、佐倉は日浦総合病院を辞めて実家がある鹿児島に帰ってしまいました。

佐倉は鹿児島の小さな医院で働き始めます。

ある日、お遣いを頼まれて出かけている途中に天堂から電話が入りました。

電話で佐倉は元気に振る舞いながら、やはり天堂から離れようとします。

すると、突然天堂が現れて後ろから佐倉を抱きしめました。

こうして第8話は終了します。

気になる第9話を見ていきましょう。

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第9話のあらすじ

佐倉の実家

天堂が佐倉を抱きしめていると、院長先生が通りかかります。

院長は、すぐに状況を判断して

「今日はもう帰っていいよ。彼氏にこの辺を案内したり、家族に会わせたりしたらいい。」

と言って去っていきます。

そして、天堂は佐倉の実家に行くことになりました。

佐倉の実家では家族が大集合し天堂を歓迎しました。

それぞれが我先にと自由に話しはじめます。

そんな中で、

「佐倉のどこが好きなの?」

という質問に天堂が答えずにいると、

「そういえば好きって言ってもらったことがない。」

と佐倉はこぼします。

昔話

佐倉の父親と天堂は、夜に外で飲みながら2人で話していました。

そこで父親から佐倉の昔話を聞きます。

「昔、佐倉は駅伝に出られなくなった陸上部の先輩の代わりに、駅伝に出ていた。無茶だと止めても佐倉は聞かなかった。無事完走することができた佐倉だったが、ゴールした瞬間に倒れて動かなくなってしまい、疲労骨折していた。それなのに、佐倉は満面の笑みでタスキを繋ぐことができて良かったと言っていた。」と。

東京に帰ろう

そんな話を聞いていた時に、佐倉が銭湯から戻ってきて2人は家に帰ります。

帰り道、自分のどこが好きなのかと佐倉は話をふりますが、「あんな所で言えるか。」と天堂に言われてしまいます。

その後、天堂は寒そうにしている佐倉の手をとり、「日浦総合病院の皆が待っているから東京に帰るぞ。」と話しました。

そのまま歩いていると、佐倉の働く医院から明かりが見えて佐倉と天堂は医院に入りました。

すると、院長が倒れています。

慌てながらも、近くに落ちていた薬を打って院長は容態が落ち着きました。

そして、院長は患者に対する想いを話し、佐倉にも東京に戻ってやるべきことをやりなさいと言います。

2人が佐倉の実家に帰ると、用意されていたのは1つの布団に2つの枕。

天堂は離れたところで寝ようとしますが、佐倉がくっつきそのまま眠ってしまいます。

現実は甘くない

ある夜、仁志琉星(渡邊圭祐さん)は恋人の流子をマンションの前で待っていました。

そして帰ってきた流子に、

「高いスペックもないし、持ち家もない。でも流子さんが好きです。それだけじゃだめですか。」

と真剣に気持ちをぶつけます。

しかし、流子は涙目で

「そう言ってもらえるのはすごく嬉しいよ。でもね、言葉だけじゃどうにもならない。現実は乗り越えられない。」

と言って去っていきました。

色気作戦

東京に戻ると、佐倉は皆から歓迎されました。

天堂が迎えに行ったこともあり、皆から

「なんかあった?ないわけがないよね。」

と言われてしまい、何も起きなかったことに佐倉は悩み始めます。

そこで休憩時間に看護師の沼津幸人(昂生さん)に友達の話として相談を持ち掛けました。

もちろん佐倉の話だとすぐにバレましたが、沼津から

「色気がないか、大事にされているかのどちらかだ。」

と教えてもらい佐倉は色気作戦を考えます。

佐倉はさっそく天堂のもとに行って上目遣いやウィンクをしてみますが、天堂からは

「何か悪い物でも食ったか。」

との一言。

佐倉は負けじと

「今夜はクリーム祭りを家でします。」

と天堂を誘います。

そして、行くと答えた天堂に

「もしかしたら、デザートもあるかも。なんて。」

と言って走り去りました。

その行動を怪しく思いながらも天堂が歩いていると、ナースステーションから、

「魔王はEDだ。」「魔王が草食系とかウケる。」

という笑い声が響いてきて、天堂は静かに怒ります。

そして夜になり、佐倉はいつもと違う黒いセクシーな服を着て天堂を部屋に招き入れました。

キャンドルで雰囲気を出して佐倉は頑張りますが、天堂は無言のまま。

焦りながらも佐倉がお風呂に入ろうかと席を立ったところで、天堂が

「下手くそ。魂胆が見え見えなんだよ。」

と言います。

「私は色気がないのでしょうか。」

と落ち込む佐倉に対して、天堂は佐倉の頬に手を添えて

「お前、俺がどれだけ我慢していると思ってんだ。」

と囁き、佐倉をベッドに押し倒します。

そしてキスをして

「今夜は眠れると思うなよ。」

と言い、良い雰囲気になったところで、酔っ払った流子とその友達の結城沙世子(片瀬那奈さん)が突然入ってきて邪魔をするのでした。

予期せぬ事故

ある朝、佐倉と天堂が一緒に歩いていると横断歩道の所に車が突っ込んできました。

咄嗟に子どもを助けようとして天堂と佐倉は子どもを突き飛ばします。

しかし、5、6人の犠牲者が出てしまい、佐倉も頭から出血がありました。

天堂と佐倉は起き上がり、慌てて犠牲者の対応と容態確認をし始めます。

そんな中、天堂は佐倉の父親が話していた昔話や亡くなった元恋人のことが頭によぎり、佐倉の事が心配になりました。

そして、佐倉にも休むようにいいますが、

「他の方は私より危険な状態です。大丈夫。私はいなくなったりしません。」

と佐倉に言われてしまいます。

天堂は佐倉を信じることにし、犠牲者の応急処置を続けました。

しかし、救急車が到着し、皆が乗り込んだところで、突然佐倉は倒れて意識を無くします。

果たして、佐倉はどうなってしまうのでしょうか。気になる続きをご覧ください。

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第9話の結末ネタバレ

ここからはドラマ『恋はつづくよどこまでも』第9話の重大なネタバレを含む内容となっております。
「ドラマのあらすじだけ知りたい!」と思っている方、「絶対に結末を知りたくない方」はご注意下さい。

佐倉は病院に運ばれて手術も無事に成功しましたが、麻酔が切れてからも意識は戻りませんでした。

天堂は一睡もせずに、手が空いたら佐倉に付き添って手を握っています。

佐倉が倒れてから3日が過ぎた朝、天堂が

「いつまで寝てんだばか。早く起きろ。」

と呟くと、佐倉の手が動きます。

そして佐倉が目を覚ましました。

目を覚ました佐倉は、まず事故の事を思い出して犠牲者の人達が助かったかを尋ねます。

それから、笑顔で天堂に「お久しぶりです。」と言いました。

天堂は、涙をこぼしながら佐倉の好きな所を上げていき、

「こんなことで喜ぶならいくらでも言ってやるよ。好きだ。だからもう2度と俺の側を離れるな。」

と伝えました。

そして佐倉の手を愛しそうに握ります。

ここで第9話は終わります。

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第9話の感想

今回は感動の回でした。

ラストは涙が止まりませんし、何度見ても泣けるかと思います。

佐藤健さんの涙を零しながら、声を絞り出して言うような演技力や表現力が素晴らしくて、感動の渦に巻き込まれてしまいます。

前半は、ユニークで温かい佐倉の家族や色気作戦が面白いですし、佐倉が頑張って上目遣いしているところなんかも凄く可愛いです。

回を増すごとに、出てくるキャラクターを好きになってしまいます。

あと、患者さんの話や院長の話など所々に出てくる小話がまたジーンとくるようないい話でとても素敵です。

仁志と流子の好きだけじゃ現実は乗り越えられないという場面は、きっと実際にもそういう人たちがいるだろうし、なんとか幸せになってほしいと思いました。

ドラマ『恋はつづくよどこまでも』第10話・最終回の次回みどころ

そして、気になる次回はいよいよ最終回です。

もう終わってしまうのかと少し寂しくなってしまいますが、ラストも見どころ満載です。

仕事でもっと成長したいと思う佐倉に留学の話が舞い込みます。

佐倉は天堂と離れたくなくて悩み、天堂も同じように思いますが2人は決断します。

そして流子を好きな仁志も動き出します。

流子をお見合いの席から連れ去ってきて…

2人は無事に結ばれるのかとドキドキする回になっています。

最終回も是非ご覧ください。

いかがでしたでしょうか。

今回は、『恋はつづくよどこまでも』第9話をまとめてみました。