注目キーワード
  1. 無料視聴
  2. ネタバレ
心に響く映画をお届け!新作映画から名作・マニアックまで担当者が厳選して紹介するWEBマガジン│SHOCK WAVE MOVIE -ショックウェイブムービー- 動画処理班

ドラマ『女子高生の無駄づかい』ロケ地・撮影場所はどこ?学校や美容室などシーン毎に解説!

2020年冬ドラマとして1月から『女子高生の無駄づかい』がテレビ朝日系列で放映されています。

人気タレントの「岡田結実」さんが主演を務める作品です。

個性あふれる女子高校生と、それを取り巻く人たちの「バカバカしくもすこしほっこりする日常生活」を描く、この作品のロケ地・撮影場所について今回はご紹介していきます。

『女子高生の無駄づかい』のあらすじ

合言葉は「大人たちよ、これが今のJKだ」。

主人公で「岡田結実」さんが演じるどうしようもない「バカ」と「恒松祐里」が演じるBL大好き腐女子オタク「ヲタ」、「中村ゆりか」さん演じる無表情でミステリアスな「ロボ」を中心に描かれる女子高生100%コメディ作品です。

そんな女子高生と共にJKには全く揺れない“リクルートスーツJD(=女子大生)好き”の強烈キャラ担任の「ワセダ」も含め、女子高の日常がここにあらわになります。

「若さ」だけでぶっとばすハナクソみたいな青春がどこか悲しい。

でもそれだけじゃない。今の女子高生の生態を特とご堪能あれ!

『女子高生の無駄づかい』のロケ地・撮影場所の詳細について

学校生活が描かれる「さいのたま女子高等学校」はどこ?

「バカ」を始めとした女子高生が通う「さいのたま女子高等学校」のロケ地は埼玉県小川町にある「旧上野台中学校」です。

旧上野台中学校
住所:埼玉県比企郡小川町2丁目22

アニメとはモデル地が違う?

ちなみにアニメ版『女子高生の無駄づかい』の「さいのたま女子高等学校」のモデル地は「東村山西高等学校」とされています。

こちらは現在も在学生がいる高校になります。

東村山西高等学校
住所:〒189-0024 東京都東村山市富士見町5丁目4−41

さすがにこちらでのロケは難しいため、ドラマでは「旧上野台中学校」がロケ地になったのだと思われます。

|実はあのドラマでも使用された場所

実は今回ドラマのロケ地となった「旧上野台中学校」は、「3年A組(2019年)」のロケ地として登場していたことでも知られています。

現在は廃校となった学校であるため、スムーズに撮影が行なえるとして選ばれたのでしょう。

三人のくつろぎの場「ファミレス」のロケ地は?

「バカ」と「ヲタ」、「ロボ」がよく行くファミレスのロケ地は「フライングガーデン 柏の葉店」です。

関東地方に60店舗ほど構えるファミレスになります。

木をふんだんに使った内装はとても居心地のよい空間ですよね。

なのにあんなバカバカしい展開がたくさん起こるなんて…。

フライングガーデン 柏の葉店
住所:〒277-0872千葉県柏市十余二大塚380-333

「バカ」の妄想で出てくるレストランと図書館は?

「バカ」の妄想で出てくるレストランはあの巨匠のお店です。

第一話で彼氏がほしい「バカ」の妄想で出てきたレストランは「TEST KITCEHN H(テストキッチン・エイチ)」さんになります。

こちらのお店は「リストランテ・ヒロ」などを経営するイタリアンシェフ「山田宏巳」さんが集大成としてオープンしたお店になります。

目の前で調理する姿を見ることができ、おしゃれな空間になっています。

テストキッチンH
住所:〒107-0062 東京都港区南青山5-12-13

「バカ」の妄想で出てくる図書館

同じく第一話で彼氏がほしい「バカ」の妄想で出てくる図書館は千葉県の「市川市中央図書館」になります。

皆さん憧れの異性との手が触れあって始まる恋愛が描かれました。

そんな出会い…してみたいですよね。

市川市中央図書館
住所:〒272-0015 千葉県市川市鬼高1丁目1−4 生涯学習センター(メディアパーク市川)内

第4話で出てくる「ワセダ」が訪れた美容室はどこ?

第4話で登場する担任である「ワセダ」が訪れる癖のある美容師のいる美容室は「どれっしんぐ五反野」がロケ地になっています。

「小手伸也」さん演じるあの美容師の口癖はくせになりますね。

「まっ、オッケーで〜す。」

どれっしんぐ五反野
住所:東京都足立区西綾瀬2-23-25

ドラマ内小説 『ロボっこ』のロケ地は?

ドラマ内で展開されている連続ドラマ内小説 『ロボっこ』。

「ロボこ」にハマる人が続出している中、ロケ地や撮影場所について調べてみました。

『ロボっこ』に登場する古民家はどこ?

様々な方面から確認しましたがロケに使われた古民家らしき場所の特定までには至りませんでした。

クレジットでは、埼玉県比企郡などの市町村で形成されている「比企フィルムコミッション」の名前が記載されており、埼玉県比企郡にある古民家が利用されているのではないかと思われます。

第5話のロケ地が実は明かされていた。

第5話からは東京編がスタートしますがこちらの場所がロケ地として登場するようです。

こちらは「深谷フィルムコミッション」のブログにて確認できます。

七ツ梅酒造跡
住所:〒366-0825 埼玉県深谷市深谷町9−12

役柄に「朝ドラ風の通行人役」とあるので「ロボっこ」の撮影で使用されたと思われます。

今後の「ロボこ」の運命も目が離せませんね。

SNSでの反応は?

SNSでもロケ地巡りをしている方や撮影場所についてのツイートがたくさん見られます。

 

挑戦的コメディ『女子高生の無駄づかい』は素敵なロケ地で撮影中!

今回は『女子高生の無駄づかい』に登場するロケ地についてご紹介しました。

素敵なレストランやロケーションの場所なども含まれていたのですが、素晴らしい場所なだけにバカバカしいコメディの内容をより引き立てる効果があるようです。

今後もロケ地や撮影場所についてご紹介していければと思います。