映画『グレイテスト・ショーマン』動画吹き替え版を無料視聴する方法!楽曲やネタバレ評価も

2018年2月16日に公開された『グレイテストショーマン』は、実話をもとにした映画で、19世紀半ばのアメリカでショービジネスを築いた、P.Tバーナムの半生を描いた映画です。

キャストは、P.Tバーナムを、「レ・ミゼダブル」を演じきった、ヒュージャックマン。

監督はミュージックビデオやCMの監督として経験を積み賞を受賞するほどの実力のあるマイケルグレイシー監督です。

ヒュージャックマンとはCMで知り合ったことをきっかけに、『グレイテストショーマン』の長編映画監督デビューをし、本作を大ヒットさせました。

この記事では映画『グレイテスト・ショーマン』のフル動画を無料視聴する方法をはじめ、ネタバレあらすじや感想を紹介!

今すぐ映画『グレイテスト・ショーマン』の動画吹き替え版を無料視聴したい方はこちら!

映画『グレイテスト・ショーマン』作品詳細

「レ・ミゼラブル」でも華麗な歌声を披露したヒュー・ジャックマンの主演で、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル。

劇中で歌われるミュージカルナンバーを、「ラ・ラ・ランド」も手がけたベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが担当した。

貧しい家に生まれ育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したフィニアス。

妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねるフィニアスはやがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げ、大きな成功をつかむ。

しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていた。

主人公P・T・バーナムことフィニアス・テイラー・バーナムをジャックマンが演じ、バーナムのビジネスパートナーとなるフィリップ・カーライル役を「ハイスクール・ミュージカル」「ヘアスプレー」のザック・エフロン、バーナムの妻チャリティを「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のミシェル・ウィリアムズが演じる。

『グレイテストショーマン』紹介

社会から偏見や差別を受けながらも、P・Tバーナム(ヒュー・ジャックマン)は、彼らを「みんなと違うから面白い」と、個性を持つ人々としてミュージカルを作り成功しました。

そして、その後も、バーナムは、劇作家のフィリップカーライル(ザック・エフロン)と出合い彼とミュージカルの経営をし始めます。

フィリップのコネもありヴィクトリア女王の元へ行く機会ができました。

そこで知り合ったのが、オペラ歌手のジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)です。

バーナムは、すぐに彼女へ、アメリカの公演を一緒にやらないかとオファーをし、アメリカの公演が始まっていきます。

順調かと思われたサーカスとオペラの公演でしたが、徐々に雲行きが怪しくなっていきます。

『グレイテストショーマン』作品データ

『グレイテストショーマン』主演キャスト一覧

  • ヒュー・ジャックマン/P・T・バーナム
  • ザック・エフロン/フィリップ・カーライル
  • ミシェル・ウィリアムズ/チャリティ・バーナム
  • レベッカ・ファーガソン/ジェニー・リンド
  • ゼンデイヤ/アン・ウィーラー
  • キアラ・セトル/レティ・ルッツ
  • ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世/W・D・ウィーラー
  • サム・ハンフリー/トム
  • エリック・アンダーソン
  • ポール・スパークス
  • バイロン・ジェニングス
  • ベッツィ・アイデム

『グレイテストショーマン』スタッフ一覧

  • 監督/マイケル・グレイシー
  • 製作/ローレンス・マーク/ ピーター・チャーニン /ジェンノ・トッピング
  • 製作総指揮/ジェームズ・マンゴールド /ドナルド・J・リー・Jr. /トニア・デイビス
  • 原案/ジェニー・ビックス
  • 脚本/ジェニー・ビックス /ビル・コンドン
  • 撮影/シーマス・マッガーベイ
  • 美術/ネイサン・クロウリー
  • 衣装/エレン・マイロニック
  • 編集/ジョー・ハッシング
  • 楽曲/ベンジ・パセック /ジャスティン・ポール
  • 音楽/ジョン・デブニー /ジョセフ・トラパニーズ

人と違う外見を長所としてミュージカルの舞台で歌い・踊る!!

19世紀中頃のアメリカ・コネチカット州で貧しい仕立て屋の息子として育ったP・T・バーナムは、父をなくしてから鉄道会社に就職し、幼馴染のチャリティと結婚しました。

その後、2人の女の子の子どもを授かり幸せな生活を送るも、仕事では会社をクビになります。

そこから、心機一転、博物館を買い取り、博物館の経営をするも上手くいきませんでした。

子どもたちの提案がきっかけでミュージカルへ

ある時、子どもたちを寝かしつけるころ、「博物館は死んでいるものばかりよ」「生きているものを置かなきゃ、何か剥製でない奇抜なものを」と呟いたことがきっかけで、バーナムは博物館を上手く使いながら、物の陰に隠れながら生活をしている人に焦点を当て、「みんなと違うから面白い」と、オンリー・ワンの個性を持つ人々として讃えミュージカルを作り大成功しました。

サーカスも順調に進み新しいパートナーとの出会い

バーナムが作り上げたサーカスは、好調に進んでいきます。

そして、ある時知り合った劇作家のフィリップ・カーライルと出会い、彼をショーの演出家にスカウト兼経営を一緒に進めていかないかとスカウトしました。

そして、フィリップのコネで、ヴィクトリア女王の元へ招待され、参加すると、そこにはオーストラリアのオペラ歌手ジェニー・リンドと出会います。

そして、彼女にバーナムはアメリカ公演を一緒にやらないかと提案しました。

そして、彼女も承諾したため、フィリップにサーカスを任せ、バーナムはオペラの公演のサポートへ回りました。

全て失ってしまい自分に絶望してしまう

オペラの公演は順調に伸びていくものの、サーカスはバーナムが不在になったため徐々に観客からも批判が多くなっていきます。

そして、挙句の果てに、観客とキャスト同士で口論になり、そして殴り合いのけんかになってしまいます。

サーカスを行っていた会場は火事で会場は全焼してしまい、好調かと思われたジェニー・リンドの公演では、彼女が、バーナムを好意的に思っていたこともあり、近づくもバーナムは彼女を遠ざけ2人には亀裂が入り、舞台は中止となってしまいました。

また、ジェニーのツアーが中止による負債で家が差し押さえになり、チャリティは、何も相談がなく事業を進めていたバーナムに愛想を尽かし、チャリティと子どもたちはチャリティの実家へ帰ってしまいます。

バーナム自身、目的を見失っていたが目の前の大切なものに気づく

バーナムは、全てを失ってしまったが、自分が何のためにサーカスをやっていたのかを思い出します。

そして、サーカスの団員たちにとってサーカスが家族であったと気づかされたのでした。

バーナムはチャリティとも関係を修復し、フィリップがこまめに貯金していたお金で、サーカスは大きなテントではありましたが、再建することができ、再開したサーカスも新しくよみがえり大成功に収まりました。

フィリップも団員であるアンと禁断の恋をしていましたが結ばれ、フィリップもサーカスの一員として活躍するのでした。そして、バーナムも家族との時間を大切に幸せに過ごしました。

作品完成まで7年の歳月がかかっていた!!

ビックリですよね!映画化が実現するまで7年かかり、キャストたちは、10週間のリハーサル期間を経て撮影に挑みます。

アン役のゼンデイヤも、監督から「空中ブランコもできるだけアシスタントは使わずにやりたい」といわれ毎日、手にまめができるほど練習を欠かさなかったそうです。

ミュージカル製作のきっかけ

2009年に、「ドリームガールズ」などを手がけたプロデューサー、ローレンス・マークが当時ジャックマンが司会だったアカデミー賞授賞式で一緒になった際、仕事にかける情熱に心を動かされたのです。

そして、「“この人は地上最高のショーマンだ”と思い、P・T・バーナムのことが浮かび、ジャックマンに『バーナムのミュージカルを作ろう』と提案した」ことがきっかけです。

キャストも色とりどり

サーカスに出演していたキャストは、多彩で、ヒゲの生えた女性や、空中ブランコの兄弟(非白人)、小人症の男性、その逆で巨人症の男性、巨漢すぎる男性、体じゅうイレズミだらけの人や、顔じゅう毛むくじゃらの人、シャム双生児の双子など多くのキャストが出てきます。

特に、彼らの先頭に立っていたのは、ヒゲの生えた女性、レティ―・ウッツ(キアラ・セトル)でした。

彼女は、歌声が素晴らしく、サーカスではその歌声を披露していました。

また、空中ブランコを得意としていた、アン(ゼンデイヤ)もフィリップカーライルと壁があるも、彼の誠実な愛に惹かれゴールインします。

当時、彼らは人前に出るだけでも貶されがちであったが、ミュージカルに出ると徐々に個性を出し始め、存在感が出てきます。

楽曲を作ったアーティストは?

このミュージカルで大切な音楽の9曲を担当するのは、ベンジ・パセック&ジャスティン・ポールです。

『ラ・ラ・ランド』のコンビで知られていますが、『グレイテスト・ショーマン』の曲は『ラ・ラ・ランド』よりも先に作られていました。

実はベンジ・パセック&ジャスティン・ポールはアカデミー賞を受賞する実力者だった

彼らは、音楽の大学に通いながらすでに楽曲を作成していました。

そして、大学を2006年12月にミュージカル劇の学士号を取得し卒業すると、翌年にはジョナサン・ラーソングラント賞を受賞します。

また、2011年にはリチャード・ロジャース賞を受賞しました。

その後も、2013年にはトニー賞を受賞するなど活躍を続けています。

彼らが作る作詞は、ミュージカル映画だけにとどまらず、ブロードウェイでも大絶賛されています。

グレイテストショーマンの目指していた音楽と歌詞が完成するまで

『グレイテストショーマン』の制作チームは彼らに「ひとつひとつの楽曲が印象に残る、耳に馴染むもの」という音楽をテーマに目指したお陰で目標にしていた音楽が完成しました。

本作の、音楽と歌詞が完成するまでに3年かかり手がけ出来上がった作品でした。

その甲斐あって、『グレイテストショーマン』は、【アカデミー賞】・【ゴールデングローブ賞】の主題歌賞を受賞に輝きます。

ヒュージャックマンも、「素晴らしいミュージカルとは素晴らしい音楽のことだ」と絶賛していました。

彼らの活躍に今後も期待ですね。

そして、彼らが作り、キャストが歌ったCDも現在販売しています。

ヒュージャックマンは皮膚がんと闘っていた!?

ヒュージャックマンは、2013年に皮膚がんと診断されてから何度かガンが再発し手術を受けていました。

キャストたちが、9か月かけて準備したものを世界中から集まった関係者に披露するリハーサルの初日、再発した皮膚がんの手術をうけたばかりで、鼻の辺りを80針縫っていました。

医者の助言を受けるも歌ってしまう

医者からは歌うことに関して、ドクターストップがかかっていたこともあり、最初はセリフだけにしようと考えていました。

しかし、歌わずにいられなくなったヒューは、いつの間にか熱唱してしまいました。

その後、傷口が開いて血は出てしまい、担当医に怒られてしまいましたが、そのお披露目では映画化するかどうかを決定する場でもあったので、それだけ大切なお披露目の場でもあったのがよくわかります!

ミュージカルを見たことない人でもワクワクする映画

本作では、とてもリズミカルに話が進んでいくので、とても分かりやすい映画になっています。

グレイテストショーマンの曲も、心を奮い立たせられるカッコいい音楽になっているので、ミュージカルやサーカスが好きな人にはとてもおすすめの作品です。

そして、キャストたちのミュージカルも、最初と最後で演出が変わっているので見どころです。

初めてミュージカルを見る方や、ワクワクしたい方にお勧めの作品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です