注目キーワード
  1. 無料視聴
  2. ネタバレ
心に響く映画をお届け!新作映画から名作・マニアックまで担当者が厳選して紹介するWEBマガジン│SHOCK WAVE MOVIE -ショックウェイブムービー- 動画処理班

映画『バッド・ティーチャー』あらすじネタバレと感想!フル動画を無料視聴できる方法も!

映画『バッド・ティーチャー』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる映画『バッド・ティーチャー』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

今すぐ映画『バッド・ティーチャー』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓↓↓

映画『バッド・ティーチャー』動画を無料視聴する方法!

結論を先にお伝えすると、映画『バッド・ティーチャー』フル動画(最後まで視聴可能)を、今すぐ無料視聴する方法は、動画配信サービス・Hulu(フールー)の「2週間無料トライアル」のおためしを利用するのがおススメの方法です!

Hulu無料お試し

Hulu(フールー)の作品は、人気映画やドラマ60,000本が見放題のオンライン動画配信サービスです。

もちろん、無料お試し期間中も、有料会員と同じ機能が使えるので、「この映画だけ見れない」という事はありません。

Hulu(フールー)のメリット

Hulu(フールー)は、2019年12月現在で6万本の動画が見放題なんです。

課金が必要な動画はなく、すべての動画が見放題なので、月額費用以外の料金は発生しません。

海外ドラマや国内のドラマ、子供向け番組やアニメなどのコンテンツも充実しています。

Hulu(フールー)でしか見られない作品もあります。

Hulu(フールー)の視聴はパソコンはもちろん、テレビ、スマホでも視聴可能ですので、お家でも外出先でもどこでも視聴できます。

登録方法も簡単で3分ぐらいですぐに完了できるので、是非登録しておきたいおススメの動画配信サービスです。

お試し期間中に動画を何本視聴しても、無料期間中に解約をすれば料金は一切かかりませんのでご安心下さい。

※本作品の配信情報は2019年12月時点の情報です。現在は配信が終了している可能性もございますので、現在の配信状況についてはHulu公式サイトをご確認ください

映画『バッド・ティーチャー』作品詳細

教育に対する熱意はゼロ、玉の輿にのることばかり考えている女性教師が、裕福な男性をつかまえようと奮闘する姿をキャメロン・ディアス主演で描いたコメディ。

お金も夢も熱意もないアラサーの中学教師エリザベスは、玉の輿こそが女の幸せと信じ、結婚相手を探す日々。

そんなある日、職場にお金持ちの代理教師スコットが赴任してくる。エリザベスはスコットを捕まえるための武器として豊胸手術を受けようとするが……。

スコット役はプライベートでディアスの元恋人だったジャスティン・ティンバーレイク。

映画『バッド・ティーチャー』は、2011年6月24日にアメリカで公開されたコメディ映画です。

制作費がたったの2000万ドルにも関わらず、興行収入は2憶1619万ドルというヒットを生み出しました。

まさにアメリカ版「カメラを止めるな!」ですね。

日本では、『イケない先生』というタイトルで2011年8月6日に公開予定でしたが、アメリカのソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントによって急遽中止することが発表されました。

しかしその後、日本の映画製作会社である日活株式会社によって2012年5月19日に公開が再決定されました。

映画『バッド・ティーチャー』作品データ

  • 原題/Bad Teacher
  • 製作年/2011年
  • 製作国/アメリカ
  • 配給/日活
  • 上映時間/92分

映画『バッド・ティーチャー』キャスト一覧

  • キャメロン・ディアス
  • ジャスティン・ティンバーレイ
  • ルーシー・パンチ
  • ジョン・マイケル・ヒギンズ
  • ジェイソン・シーゲル

映画『バッド・ティーチャー』スタッフ一覧

  • 監督/ジェイク・カスダン
  • 製作/ジミー・ミラー デビッド・ハウスホルター
  • 製作総指揮/ジョージア・カカンデス ジェイク・カスダン リー・アイゼンバーグ ジーン・スタプニツキー
  • 脚本/ジーン・スタプニツキー リー・アイゼンバーグ

映画『バッド・ティーチャー』作品概要

映画『バッド・ティーチャー』は、ジェイク・カスダン氏が監督をつとめており、脚本をジーン・スタプ二ツキー氏とリー・アイゼンバーグ氏が手掛けています。

ジェイク氏は映画監督だけではなく、プロデューサーや脚本、俳優など多才な経験の持ち主です。

この作品は、「メリーに首ったけ」や「ナイト&デイ」などに出演してきたラブコメの女王、キャメロン・ディアス氏が主役に抜擢されています。

キャメロン氏が狙う相手役をつとめたのは、ジャスティン・ティンバーレイク氏。

ジャスティン氏はシンガーソングライターですが、俳優やファッションブランドを立ち上げるなど、活躍の場を広げている注目の人物です。

さらに2人は元恋人でもあり、作品公開にあたってキャメロン氏とジャスティン氏の共演は話題を呼びました。

映画『バッド・ティーチャー』作品あらすじ

狙うは玉の輿

中学教師でありながら面倒くさいことには一切関わらず、玉の輿を狙うエリザベス(キャメロン・ディアス)は、あと少しで結婚というところで恋人に逃げられてしまいます。

独り身になった彼女の職場に、代理教師のスコット(ジャスティン・ティンバーレイク)がやってきます。

一目惚れをしたエリザベスは、すぐさま声をかけます。なんと彼の実家はお金持ち。

エリザベスはそんな彼を手に入れるため、豊胸手術をする資金を集めはじめました。

職場には、仕事に熱意を注ぐ同僚エイミー(ルーシー・パンチ)と、エリザベスに好意を寄せているラッセル(ジェイソン・シーゲル)がいました。

エイミーはエリザベスとはそりが合いませんが、同じくスコットに好意を寄せています。ラッセルはエリザベスに分かりやすくアピールするも、エリザベスは見向きもしていませんでした。

どんな手を使っても…

新学期が始まってからエリザベスは、生徒に映画を見せて怠けてばかりいました。

ある日、彼女は週末に学校行事として「洗車DAY」があると知ります。

そこの収益を着服すれば豊胸手術代になる、と考えたエリザベスはセクシーなアピールで「洗車DAY」を大成功に収め、無事に収益を着服。

その後も彼女はあの手この手を使い資金を貯めていきました。

そんな中、エイミーとスコットが付き合ってしまいます。

イライラしていたエリザベスの元に、共通テストでクラスが1位を獲ればボーナスがでるという朗報がはいりました。

そこから彼女はスパルタ教師へと豹変します。

しかし、生徒の成績は悪く、このままでは1位がとれないと思った彼女は、テストを作成する男性に会いに行きます。

上手く誘惑して薬を飲ませ、テスト用紙を手に入れた彼女は見事に1位を勝ち取りました。毎年1位だったエイミーはますますエリザベスを嫌っていきます。

遠足の日、エリザベスは食べ物に薬を塗り、エイミーが欠席するように仕向けました。そして、その夜スコットと浮気をしたエリザベスは、その内容をエイミーの留守電にわざと残しました。

エイミーの逆襲

激怒したエイミーは、エリザベスの机を漁りにいきますが、机の鍵が開きません。

エイミーは自分のデスクと交換し、業者に開けてもらいます。そしてエリザベスがテスト用紙を盗み見たことを突き止めます。

テストを作成した男性の証言も得たエイミーは、エリザベスの元に行き、明日覚悟をしておきなさいと言い放ちます。

果たして、悪行を重ねてきたエリザベスの人生はどうなってしまうのでしょうか。

彼女は玉の輿にのれるのでしょうか。いよいよエリザベスの運命が決まる「明日」がやってきます…

映画『バッド・ティーチャー』作品ラスト結末・ネタバレ

[aside type=”warning”] ここからは映画『バッド・ティーチャー』の重大なネタバレを含む内容となっております。

「映画のあらすじだけ知りたい!」と思っている方、「絶対に結末を知りたくない方」はご注意下さい。[/aside]

エイミーに宣戦布告されたエリザベスは、テストを作成した男性の弱みを握って彼を脅しにいきました。

そして決戦の日、校長の部屋に呼ばれる前に、エリザベスは自分の机とエイミーの机が入れ替わっていることに気づきます。

校長の部屋で、テストを作成した男性が自分の証言は全て嘘だったと話しました。

無実となったエリザベスは、この学校に麻薬を吸う教師がいると発言します。それを聞いた教育長が警察犬をつかって校内を捜査すると、エイミーの教室の机からエリザベスの隠し持っていた麻薬が見つかり、エイミーが連行されていきました。

事件は一件落着しましたが、エリザベスはスコットの性癖を知って幻滅し、代わりに自分に想いを寄せていたラッセルを選び、彼と結ばれました。

映画『バッド・ティーチャー』作品を視聴した感想と評価

性格のどす黒いエリザベスに驚きました。

この作品では、現実では警察沙汰になるような事をエリザベスがやっていきます。

そのやり口が清々しいとはいえますが、悪役のハッピーエンドは今まで観たことがなかったので、ある意味では発想が面白いなとは感じました。

ですが最終的に、悪い事をしてない人が濡れ衣を着せられてしまう終わり方に、果たしていいのだろうか。問題ではないのかな。と思ってしまいスッキリできない気持ちが残りました。

あくまでもコメディ映画なので、面白さだけで考えたらこの作品は満足できるかとも思いますが、倫理的な面を見ると、賛否両論の作品であることは間違いありません。