注目キーワード
  1. 無料視聴
  2. ネタバレ

映画『アングスト/不安』過去作品を動画配信しているサイトは?│過去販売のビデオの値段がとんでもない値段に!

話題の衝撃サイコカルト映画『ANGST』が『アングスト/不安』が7月3日より日本全国で順次公開されます。

この映画を観て、あなたは正気を保てるか?
映画史上最も狂った知られざる”異常な傑作“この映画を観て、あなたは正気を保てるか?
製作から 37 年ついに日本劇場初公開画史上最も狂った知られざる”異常な傑作

■1988年に公開後、怖すぎて1週間で上映禁止に!?

映画『アングスト/不安』

本作は実在の殺人鬼ベルナー・クニーセクによる事件の実話を基にしており、1980年にオーストリアで実際に起きた一家惨殺事件を映画化した実録スリラー作品です。

あまりにも恐ろしすぎる内容で、公開直後に上映禁止の国が多発しました。

1983年にオーストリアで公開された当時は、あまりにもショッキングすぎる凄まじい内容で公開から1週間で上映打ち切りとなりました。

続いて、ヨーロッパ各国でも上映禁止となり、イギリスとドイツではビデオ発売禁止、アメリカではXXX指定になった恐ろしい作品です。

アメリカの映画サイト「Taste of Cinema」が選ぶ“史上最もダークなシリアルキラー映画”では堂々の1位を獲得した作品で、映画史上最も狂った作品として世界中で話題となっております。

[quads id=2]

過去に日本では劇場公開された?

日本でも海外と同様、ショッキングすぎる内容の為、劇場公開されなかった「いわくつきの作品」となります。

しかし、日本では1988年にレンタル用VHSが発売されたましたが、世の中に出回った数は極少との事です。

ほぼ誰にも観られることなく地下に埋もれ、以降観たくても観れない作品となっています。

配給・宣伝サイドからも「映画鑑賞時に注意」の恐ろしい警告が

本作は、1980年にオーストリアで実際に起こった事件を描いております当時の司法制度では裁ききれなかった為に発生した事象であり、本映画をきっかけとして以降大きく制度が変わりました。

劇中、倫理的に許容しがたい設定、描写が含まれておりますが、すべて事実に基づいたものであります。

本作は娯楽を趣旨としたホラー映画ではありません。

特殊な撮影手法と奇抜な演出は観る者に取り返しのつかない心的外傷をおよぼす危険性があるため、この手の作品を好まない方、心臓の弱い方はご遠慮下さいますようお願い致します。

またご鑑賞の際には自己責任において覚悟して劇場にご来場下さい」。

「娯楽を趣旨としたホラー映画ではありません。」

「すべて事実に基づいたものであります。」

「ご鑑賞の際には自己責任において覚悟して劇場にご来場下さい。」

こ、怖すぎる・・・

鑑賞するには相当な覚悟が必要です。

映画『アングスト/不安』過去作品を動画配信しているサイトは?

日本では1988年に『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』のタイトルでレンタル用VHS(ビデオテープ)が発売されています。

『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』を動画配信サービスで配信されていないか確認したところ、あまりにも古い作品なので現在、配信が確認されませんでした。

配信が確認され次第、当サイトでもお知らせ致しますね。

『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』VHSを探してみた

『鮮血と絶叫のメロディー/引き裂かれた夜』がどうしても観たくて、ネット上をくまなく探してみました。

アマゾンでは1983年海外版の「ANGST」 Blu-rayがありましたが、在庫切れでした。

でも、楽天市場で1件だけ中古のVHSを探す事ができました!

早速、値段を確認すると・・・

超激レア価格で販売されていました

価格は衝撃の28,000円。

これほど衝撃な映画ですもんね。価格も衝撃的でした。

しかし、このVHSの定価は14,800円。

1988年物のVHSというと、たしかに超激レア品で、存在している自体が衝撃なのでこのぐらいのプレミア価格でも納得いきますね。

内容がめちゃくちゃ気になって、居ても立っても居られなかったので購入をしようと思ったところ、「売り切れ」・・・

劇場版公開を待つしかないという結論に。

[quads id=2]

 

アングスト/不安を期待するユーザーの口コミ

「アングスト/不安」は7月3日から全国順次公開です。

本作は配給会社からの「自己責任において覚悟して劇場にご来場下さい」という注意喚起が出ています。

映画を鑑賞される方は、覚悟して鑑賞してくださいね。