注目キーワード
  1. 無料視聴
  2. ネタバレ

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』6話あらすじとネタバレ!見逃し配信動画を視聴する方法も!

前回の第5話おんころ先生が薫が匠の死にかかわっていることが明らかになりました。

今回は二つの軸で話が描かれます。

医療過誤の真相と、民間療法と化学治療の比較です。

『アライブ がん専門医のカルテ』第6話の患者さん

民代さん

とうとう手術を受けます。

民代さんに対して、執刀医を変わることを提案する薫です。

土方さん

ステージ3の胃がん。

治療は、抗がん剤治療をしてからの手術をする方針です。

彼女の父親は、身内が抗がん剤治療をして苦しみ、亡くなった経験があり、治療に対して不安を抱えている様子です。

民間療法を考えています。

莉子

脱毛が始まり、それに対してショックを受けます。

ウィッグに悩む莉子。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第6話のあらすじ

医療過誤の真相とは

関川がインタビューをします。

安田先生は、匠の手術をした一人でした。

医療過誤は、「梶山先生のせいではない」ことを打ち明けます。また、術後にCTをあえてとってないことも明らかになりました。

関川は、そのことを聞いて恩田匠の死を調べなおそうとします。

また、安田先生は、家族を守るために本当のことを打ち明けることをやめたと言いますが、それ以外にも何か理由がありそうです。

民代さんの手術

民代さんの緊急カンファレンスを行うことになった。

民代さんは、大腸がんの再発が認められていますが、最近のCTで腹水が確認され、腹膜播種の可能性が出てきました。

その結果、手術ができないことになりそうです。

薫は、手術をすることを迷っていました。それを民代さんに伝えます。

おんころ先生は「このオペが民代さんにとって生きるモチベーションになっている。」と、民代に伝えます。

手術では、結果的に結果として、腹膜播種であり、「閉腹」することになりました。

民間療法と化学療法 

土方さんの父親は、身内がガンで苦しみながら亡くなった様子を見てきたことで、抗がん剤の使用に反対しています。

そのような状況で、莉子が治療の副作用で廊下に座り込んでいる様子を目撃してしまいます。

それを見て、娘の治療をやめさせ、「毒をいれるな」と激怒します。

その様子を見た娘は、「病気になってごめんなさい。順番間違えちゃった。親より先に病気になるなんて。お父さん、ほんとにごめんなさい。先生、(点滴)外してもらえますか」と、涙します。

お父さんは、フィルピースクリニックの受診を考えているとのことでした。

そこは、医学的根拠のないサプリや、ガンが消える水を売っているとのことです。

売りは、「副作用のない治療を提案する」とのことです。

おんころ先生は、研修医と一緒に民間療法と化学療法の治療効果の資料を作り、それをお父さんに渡します。

「何を選択するかはこっちの勝手だ」と受け入れる様子がありません。

手術の真相

仕事後、カフェで関川と話すことになったおんころ先生です。

関川に、手術の真相を聞きますが、

「今の時点ではお話することはできない。一つだけお伝えしときます。梶山先生はお父様を亡くしているんです。医療過誤によって」

おんころ先生は、薫が抱えていることを知ります。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第6話のラスト結末ネタバレ

 

ここからはドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第6話の重大なネタバレを含む内容となっております。「ドラマのあらすじだけ知りたい!」と思っている方、「絶対に結末を知りたくない方」はご注意下さい。

藁にも縋る想い

おんころ先生が民代さんと病院で話していると、フィルピースクリニックがニュースで取り上げられていました。

病院の院長が逮捕されたとのことです。

民代は、なぜこのような非科学的療法に頼りたくなるのかについて話します。

「生きたいのよ。なんでもすがりたくなるのよ」言います。

土方さんのご両親が再度おんころ先生に会いに来ました。

お父さんが土下座をして、

「実はもうあの子もうクリニックを受診してしまったんです。一日も早く治療しないといけないのに。すみません。あんなとこ頼ってしまって。娘を守りたかっただけなんです。一番辛いのは、あの子なのに」

「病気になってごめんなさい、だなんて・・・・。」

おんころ先生は、今からでも治療ができることを伝えます。

再度、治療をすることにしました。

須藤先生のオペの真相

再度、カフェで関川と会うおんころ先生です。

関川がおんころ先生に、匠が亡くなる前に撮っていたCTを見せられ、手術の真相を聞きます。

それを聞いたおんころ先生は、病院で薫に会います。

おんころ先生は、薫に土方さんの執刀医になってほしいと頼みます。

「この病院で一番腕がいいのは薫先生だと思うから。薫先生に執刀してほしいって患者さんが言ってるの」

しかし、「もうここにはいられない、ごめんなさい」と、薫は断ります。

そこで、おんころ先生は

「あなたを傷つけてしまうかもしれないけど、これを見てほしい」と匠のCTを見せます。

事故当時の検査結果ははじめ、一つも存在していなかったこと、第二助手だった先生が調べて手に入れたことを伝え、関川から聞いた真実を話します。

CTでは、下大静脈が狭窄していましたが、薫はそれを知りませんでした。

また、薫が自分のミスだと思っていたのは、薫の位置からでは縫合部位が見えなかったからです。

縫合して、狭窄を作った須藤先生が原因だったことが明らかになります。

真実をしり、大混乱する薫です。

須藤先生を調査委員会に調べてもらうことを提案しますが、薫はそれを止めます。

それは、須藤にとって今が一番大切な時期だからです。

教授選が控えていて、ホコリを出すことはできません。

一方の須藤は、関川に連絡を取り、二人が顔を合わせたところで話が終わります。

『アライブ がん専門医のカルテ』第6話の感想

とうとう、匠の手術の真相が明らかになりました。

ここからどのように物語が展開していくのか、結局真相を表に持ち出すことができるのか、ハラハラドキドキしながら、見守りたいと思います。

『アライブ がん専門医のカルテ』次回第7話の見どころ

ガンが肺へ転移したことが分かった患者さんと、須藤のことを調査委員会に報告したおんころ先生です。

匠の手術での真相が明らかになり、今後どのような展開になるのかが、物語の軸になってきました。

それと同時に、ガン患者さんが抱える心配や問題がどのようにクローズアップされるのか。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』第6話を見逃した方へ!

見逃し配信動画を視聴する方法!

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』は動画配信サイトFODプレミアムで独占配信中です。

\今なら2週間の無料体験実施中!/

FOD初回2週間無料トライアル

放送を見逃した方や録画をし忘れた方は、初回2週間無料体験を利用してお得に視聴する事ができます。

このお得な無料期間を利用しない手はないと思いますよ。

▼今すぐドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の動画を無料で見たい方はこちら▼

FODプレミアムは今なら期間限定で初回2週間無料のキャンペーンを行っています。

※初回2週間無料のキャンペーンを利用するには、お支払い方法を「Amazon Pay」にすることが必須となります。

見放題作品を何本視聴しても、無料期間中に解約をすれば料金は一切かかりませんのでご安心下さい。

※本作品の配信情報は2020年2月時点の情報です。現在は配信が終了している可能性もございますので、現在の配信状況についてはFODプレミアム公式ホームページをご確認ください