注目キーワード
  1. 無料視聴
  2. ネタバレ
心に響く映画をお届け!新作映画から名作・マニアックまで担当者が厳選して紹介するWEBマガジン│SHOCK WAVE MOVIE -ショックウェイブムービー- 動画処理班

映画『AI崩壊』あらすじネタバレ!│真犯人の正体は?ラスト結末と感想も紹介!

 

ウェイヴ
この記事では気になる映画『AI崩壊』のあらすじネタバレや感想について紹介します。

「AI崩壊」は2020年1月31日に公開された映像作品です。監督は「22年目の告白 -私が殺人犯です-」で有名の入江悠が務めています。

「AI崩壊」で入江悠は監督だけでなく、脚本も兼任しています。「AI」と呼ばれる人工知能を題材にした完全オリジナルストーリーとしてつくられました。

主演の大沢たかおを始め、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典など有名俳優が登場していることも含めて注目度の高い作品です。

映画『AI崩壊』は2020年1月31日に公開されたばかりの新しい映画です。

2020年1月31日現在、映画『AI崩壊』は動画配信サービス(VOD)ではまだ視聴出来る配信サイトがみつかりませんでしたが、動画配信サービス(VOD)で公開された場合は、当サイトでもお知らせ致します!

映画『AI崩壊』作品詳細

「22年目の告白 私が殺人犯です」の入江悠監督が自身のオリジナル脚本で、AIを題材に描いた近未来サスペンス。

2030年、天才科学者の桐生浩介が亡き妻のために開発した医療AI「のぞみ」は、年齢、年収、家族構成、病歴、犯罪歴といった全国民の個人情報と健康を管理していた。

いまや社会インフラとして欠かせない存在となった「のぞみ」だったが、ある時突然、暴走を開始。AIが生きる価値のない人間を選別して殺戮するという、恐るべき事態が巻き起こる。

警察庁の天才捜査官・桜庭は、AIを暴走させたのは開発者である桐生と断定。身に覚えのない桐生は逃亡を開始する。

桐生は「のぞみ」を管理するHOPE社の代表で、義弟でもある西村悟とひそかに連絡を取りながら、なんとか事態の収拾を目指すが……。

大沢たかおが主人公・桐生を演じるほか、賀来賢人、広瀬アリス、岩田剛典、松嶋菜々子、三浦友和らが共演する。

映画『AI崩壊』作品データ

  • 製作年/2020年
  • 製作国/日本
  • 配給/ワーナー・ブラザース映画
  • 上映時間/131分

映画『AI崩壊』キャスト一覧

  • 大沢たかお/桐生浩介
  • 賀来賢人/西村悟
  • 広瀬アリス/奥瀬久未
  • 岩田剛典/桜庭誠
  • 高嶋政宏/望月剣
  • 芦名星/林原舞花
  • 玉城ティナ/飯田眞子
  • 余貴美子/田中英子
  • 松嶋菜々子/桐生望
  • 三浦友和/合田京一
  • 田牧そら/桐生心
  • 野間口徹/野間口徹
  • マギー
  • 黒田大輔
  • 酒向芳
  • 毎熊克哉
  • MEGUMI
  • 坂田聡
  • 芦那すみれ
  • 螢雪次朗
  • 荻野友里
  • 川瀬陽太

映画『AI崩壊』スタッフ一覧

  • 監督/入江悠
  • 脚本/入江悠
  • 企画/北島直明
  • プロデューサー/北島直明

映画『AI崩壊』作品概要

「AI崩壊」は近未来を舞台にしたサスペンスになっています。

昨今あらゆる場面で活用する機会が増えた「AI」をメインに据え、現代よりも更なる発展を遂げた2030年の世界を中心に物語が展開してきます。

監督と脚本を兼任している入江悠は「AIどういうものか知ってもらいたい」という目的でこの作品をつくったと答えています。

AI研究者へ取材を重ねるだけでなく、厚生労働省が実際に発表している高齢化・少子化の情報を基にしてストーリーが構成されていることから、現実に近い形で作られている作品です。

また実際の撮影では、研究者にアドバイスをもらうだけでなく、CGをふんだんに使ってします。そしてカーチェイスでは、実際に一般道を封鎖して行うことでリアリティを追求しています。

あらゆる要素において妥協を許さず細部にこだわった「AI崩壊」は、映画動員ランキングで初登場1位を記録しました。

映画『AI崩壊』作品あらすじ

発展するAI

主人公である桐生浩介は、妻の桐生望とAIの研究を重ね医療AI「のぞみ」を開発します。しかしなかなか国の認可が下りずにいました。

その最中に、桐生望は末期がんに倒れてしまいます。

国の認可をもらうために協力していた義弟の西村悟は、違法と知りながら医療AI「のぞみ」を桐生望の治療のために使おうと提案します。

しかし桐生浩介と桐生望は法律を守るべきだと考え、使用しない道を選びます。

そして桐生望は医療AIのぞみが「困った人に寄り添う存在になれますように」という祈りを託して、命を落としてしまいます。

変貌した日本

桐生浩介は桐生望の死をきっかけにAI研究から離れ、娘の桐生心と海外に居を移していました。

医療AI「のぞみ」は桐生望の死をきっかけに認可の降り、その運用は西村悟に一任しています。その西村悟から、「新たなサーバールームが建設されたので、その式典に参加してほしい」という連絡を受けます。

娘の桐生心とともに桐生浩介が帰国し、AIが医療だけでなくあらゆるライフラインに欠かせない存在なった日本の現在を目の当たりにするのでした。

AIは人々の生活に必要不可欠な存在になっていましたが、その現状を良く思わない過激派組織がデモの一環として式典に現れます。しかしその暴動は、その危機を察知した警察庁の桜庭誠によって阻止されるのでした。

異変の始まり

式典の騒動が終結し、桐生浩介はその場を桐生心と次のスケジュールのために移動することになりました。

しかし桐生心は持ち歩いていた写真を紛失したことに気づき、新築されたサーバールームに向かってしまいます。

桐生心を西村悟に託し、桐生浩介は別行動をとることになります。

桐生心が無くした写真は、死んだ桐生望が映った大切な家族の写真でした。

必死にサーバールームを捜索するなか、医療AI「のぞみ」が突如暴走を開始します。

そして攻撃を受けていると認識したプログラムが、サーバールームを閉鎖してしまい、桐生心は閉じ込められてしまうのでした。

一方、医療AI「のぞみ」を使用している企業はシステムに不具合が起こり、次々とトラブルが発生します。

現場に居合わせていた桜庭誠は、その暴走がハッキングによるものだと特定し、犯人を突き止めるのでした。そして犯人の居場所へドローンカメラを送りだします。

そして映像に映し出された犯人は、医療AI「のぞみ」を生み出した桐生浩介だったのです。

しかし桐生浩介はハッキングした覚えはなく、濡れ衣を着せられようとしていることに気づきます。

そしてサーバールームに桐生心が閉じ込められていることを知り、医療AI「のぞみ」の暴走を食い止めるだけでなく、娘を救出するための逃亡劇画始まるのでした。

しかし警察庁の桜庭誠は、極秘に作り出したAI「百目」を使い、追い詰めていきます。

その間にも医療AI「のぞみ」はハッキングによって暴走を続けていくのでした。

果たして医療AI「のぞみ」はなぜ暴走してしまったのでしょうか。

そして桐生浩介はサイバールームに閉じ込められた桐生心を救い、医療AI「のぞみ」の暴走を止めることができるのでしょうか。

映画『AI崩壊』作品ラスト結末・ネタバレ

[aside type=”warning”] ここからは映画『AI崩壊』の重大なネタバレを含む内容となっております。

「映画のあらすじだけ知りたい!」と思っている方、「絶対に結末を知りたくない方」はご注意下さい。[/aside]

逃亡犯として追われるなか、桐生浩介は医療AI「のぞみ」がハッキングによって人々のパーソナルデータから命の価値を計算し、生死の選別を開始していることに気付きます。

このままでは殺戮が始まるのを知り、西村悟と共にプログラムを書き換える計画を実行するのでした。

かつて桐生望とAI研究をしていた東北情報先端大学大学院でプログラムを完成させますが、企みに気付いた桜庭誠に発見されてしまいます。

しかし西村悟が命を犠牲にすることで、逃走に成功するのでした。

AI「百目」と警察の目をかいくぐり、桐生浩介は医療AI「のぞみ」の元へ帰還します。

ところがその行動を予期した桜庭誠が待ち構えていたのでした。

そこで桐生浩介は、犯人が桜庭誠であることを告白します。

桜庭誠はAI「百目」の捜査データとして活用するために、多くの人々の個人情報を保有している医療AI「のぞみ」を欲していました。

しかし西村悟に拒絶されたことで、命を餞別することで社会問題の解決を図ろうとして政治家と手を組み、今回の犯行に及んだのです。

桐生浩介の手によって桜庭誠の悪事は全国で生中継され、人々の知るところとなりました。

そしてサーバールームの元へ駆けつけた桐生浩介は、医療AI「のぞみ」のハッキングを食い止め、閉じ込められた娘を救い出すことに成功するのでした。

映画『AI崩壊』作品を視聴した感想と評価

医療や運輸などあらゆる業界で活躍を見せるAIが、更なる発展を遂げたらこうなるかもしれない未来を身近に感じることができるのが、「AI崩壊」の魅力です。

また社会問題となっている少子化や高齢化といった要素も取り上げているので、ただの創作だと否定できないリアルな部分を感じるシーンが多くあります。

そして「AIを知って欲しい」という思いからつくられた作品なので、専門的な知識がない人にもわかりやすいように説明されており、没入しやすい物語になっています。

映像作品として純粋に楽しむのではなく、今後も発展を遂げていくAIとの付き合い方について改めて考えさせられるような作品です。