注目キーワード
  1. 無料視聴
  2. ネタバレ
心に響く映画をお届け!新作映画から名作・マニアックまで担当者が厳選して紹介するWEBマガジン│SHOCK WAVE MOVIE -ショックウェイブムービー- 動画処理班

映画『50回目のファーストキス』日本版のあらすじネタバレ解説!無料動画をレンタルよりお得に見る方法!

映画『50回目のファーストキス』の動画を無料視聴する方法や配信サービスをはじめ、気になる映画『50回目のファーストキス』のあらすじネタバレや感想についても紹介します。

今すぐ映画『50回目のファーストキス』の動画を無料で見たい方はこちらをクリック↓↓↓

映画『50回目のファーストキス』動画を無料視聴する方法!

結論を先にお伝えすると、映画『50回目のファーストキス』フル動画(最後まで視聴可能)を、今すぐ無料視聴する方法は、動画配信サービス・Hulu(フールー)の「2週間無料トライアル」のおためしを利用するのがおススメの方法です!

Hulu無料お試し

Hulu(フールー)の作品は、人気映画やドラマ60,000本が見放題のオンライン動画配信サービスです。

もちろん、無料お試し期間中も、有料会員と同じ機能が使えるので、「この映画だけ見れない」という事はありません。

Hulu(フールー)のメリット

Hulu(フールー)は、2019年12月現在で6万本の動画が見放題なんです。

課金が必要な動画はなく、すべての動画が見放題なので月額費用以外の料金は発生しません。

海外ドラマや国内のドラマ、子供向け番組やアニメなどのコンテンツも充実しています。

Hulu(フールー)でしか見られない作品もあります。

Hulu(フールー)の視聴はパソコンはもちろん、テレビ、スマホでも視聴可能ですので、お家でも外出先でもどこでも視聴できます。

登録方法も簡単で3分ぐらいですぐに完了できるので、是非登録しておきたいおススメの動画配信サービスです。

お試し期間中に動画を何本視聴しても、無料期間中に解約をすれば料金は一切かかりませんのでご安心下さい。

※本作品の配信情報は2019年12月時点の情報です。現在は配信が終了している可能性もございますので、現在の配信状況については配信先の公式ホームページをご確認ください

映画『50回目のファーストキス』作品詳細

アダム・サンドラー&ドリュー・バリモア主演による2004年のハリウッド映画「50回目のファースト・キス」を、山田孝之と長澤まさみ共演でリメイクしたラブコメディ。

ハワイ、オアフ島でツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしているプレイボーイの大輔は、地元の魅力的な女性・瑠衣とカフェで出会う。

2人はすぐに意気投合するが、翌朝になると、瑠衣は大輔についての記憶を完全に失っていた。瑠衣は過去の事故の後遺症のため、新しい記憶が一晩でリセットされる障害を抱えているのだ。

そんな瑠衣に本気で恋をした大輔は、彼女が自分を忘れるたびにさまざまな手で口説き落とし、毎日恋に落ちて毎日ファーストキスを繰り返すが……。

「銀魂」をはじめコメディ作品で手腕を振るってきた福田雄一が監督・脚本を手がけ、ラブストーリーに挑戦。

オリジナル版の舞台でもあるハワイでオールロケを敢行した。

映画『50回目のファーストキス』作品データ

  • 原題/50回目のファーストキス
  • 製作年/2018年
  • 製作国/日本
  • 配給/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 上映時間/114分

映画『50回目のファーストキス』キャスト一覧

  • 山田孝之/弓削大輔
  • 長澤まさみ/藤島瑠衣
  • ムロツヨシ/ウーラ山崎
  • 勝矢/味方和彦
  • 仲野太賀/藤島慎太郎
  • 山崎紘菜/高頭すみれ
  • 大和田伸也/名取医師
  • 佐藤二朗/藤島健太
  • 生越千晴
  • 小宮有紗
  • 青山めぐ
  • 桜井ユキ
  • 想乃想乃
  • 逢沢りな
  • 可知寛子
  • 福田えり
  • 小林万里子
  • 安田カナ
  • 尾畑美依奈
  • 保坂聡

映画『50回目のファーストキス』スタッフ一覧

  • 監督/福田雄一
  • 脚本/福田雄一
  • オリジナル脚本/ジョージ・ウィング
  • 製作/今村司 井上肇 谷和男 高橋誠 弓矢政法 荒波修 吉羽治 本田晋一郎
  • エグゼクティブプロデューサー/伊藤響
  • プロデューサー/北島直明 松橋真三
  • アソシエイトプロデューサー/平野宏治

映画『50回目のファーストキス』作品概要

今回紹介するのは、2018年6月1日に日本で公開された「50回目のファーストキス」です。

この作品は2004年2月13日にアメリカで公開された同名映画のリメイク版。

アメリカ版では、ピーター・シーガル監督が指揮をとり、アダム・サンドラー氏とドリュー・バリモア氏が共演し話題を呼び、実話がもとになっていることも相まってラブコメディの名作となりました。

日本版50回目のファーストキスでは、福田雄一さんが監督に抜擢されました。

福田監督は「勇者ヨシヒコシリーズ」や「今日から俺は!!」などの数々のコメディ作品を世に送り出していますが、ラブストーリーに関しては初の試みとなります。

そのため、多くの期待がよせられていました。

主役を務めたのは福田監督とよくタッグを組んできた山田孝之さん。

そして日本アカデミー賞で数多くの受賞歴がある長澤まさみさんです。

山田さんと長澤さんは、2004年に社会現象を巻き起こしたドラマ・映画の「世界の中心で、愛を叫ぶ」で、それぞれが主演を務めています。

その後の2007年には「そのときは彼によろしく」の映画で初共演をはたし、今回、50回目のファーストキスで再共演が決まった時には、メディアでも話題となり多くの人に注目されました。

映画『50回目のファーストキス』作品あらすじ

二人の突然の出会い

物語はハワイのオアフ島ではじまります。

天文学を勉強するためにハワイで生活する大輔(山田孝之さん)は、ツアーガイドのアルバイトをしながら観光客の女の子と遊ぶ日々を送っていました。

ある日、たまたま入ったカフェで瑠衣(長澤まさみさん)に一目惚れをします。

「女は研究の邪魔になるだけだ」と考えていた大輔でしたが、再びカフェに行ってしまいます。

そこで、ワッフルをきっかけに瑠衣に声をかけた大輔。

2人は楽しいひとときを過ごし、お互いに好意を寄せ合いました。

そして次の日にカフェで会う約束をします。

瑠衣の過去と現在

次の日、大輔が瑠衣に話しかけると、突然瑠衣が怒りはじめます。

驚き戸惑う大輔に店員が瑠衣のことを教えてくれました。瑠衣は1年前に事故に合い、事故前夜までのことは覚えていても、新しい事は記憶できない。

毎日同じことを繰り返す生活なのだと…

二人の気持ち

大輔は変わらず何度もアプローチを続けていましたが、ある日、瑠衣は日付が違うことに気づき、事実に深く悲しみます。

そんな瑠衣を見て、大輔は今までの出来事やビデオレターをつめたDVDを渡しました。

そこから日に日に2人の距離が縮み、キスを重ねては愛を育んでいきます。

その一方で、大輔が書いた天文学の論文が成功をおさめて、彼の夢でもあるアメリカの研究チームにいく話がでていました。

それを知った瑠衣は、自分が重荷になってしまうと考え写真も日記も全て消して別れを告げます。

大輔も悲しみながら瑠衣の想いを受け止めました。愛し合いながらも2人は別々の道へ向かいはじめます。

はたして大輔は夢を追いかけてアメリカへ行ってしまうのでしょうか?瑠衣とのハッピーエンドは叶わないのでしょうか?

2人の複雑で切ない気持ちを抱えたまま、この物語はいよいよラストへと向かっていきます。

50回目のファーストキスの結末ネタバレ

[aside type=”warning”] ここからは映画『50回目のファーストキス』の詳しい内容やネタバレを含みます。 これから映画を楽しみたい!と思っている方はご注意下さい。[/aside]

瑠衣と別れたあと、大輔は悩みながらもアメリカに行くことを決意しました。

出発の日、友達や瑠衣の家族が見送りに来ます。

そこで瑠衣が病院で生活をしながら、絵を教えたり描いたりしていると聞きました。

大輔が飛行機に乗ってパソコンを開くと、瑠衣との想いでの写真がたくさん出てきます。

大輔は瑠衣への気持ちを忘れられず、離陸直前に瑠衣のもとへ走り出します。

病院で瑠衣に会うと、大輔のことを誰かわからないと瑠衣は答えます。

そのまま彼女に連れられてアトリエに行くと、そこには大輔の似顔絵がたくさんありました。

「大輔の事は知らないけれど大輔の夢を毎晩見ている」と瑠衣は話します。

大輔は今までの出来事と、瑠衣への気持ちを話し、ようやく2人は結ばれます。

時は流れて、ある朝瑠衣が目覚めるとDVDが流れます。

そこには二人の結婚式の映像と大輔が天文学で表彰されたことが映っていました。

起きて屋上に出ると、大輔と娘の姿があり、3人で幸せそうに話をして物語はおわります。

50回目のファーストキスの感想・評価

この原案を何度も観たことがあり、お気に入りの映画の1つでした。

なので、リメイク版と聞いて、あの世界観が崩れたら嫌だなと思いながら観ていたのですが、むしろ、コメディ要素は日本らしさが出ていてとても面白かったです。

例えば、瑠衣の弟がボケて父親がツッコミながらビンタをするシーン。

これは3回ほど出てきたのですが日本の漫才のようなテンポでされており、出てくるたびに笑ってしまいました。

普通であれば、事故で1日しか記憶がもたないとなるとコメディ要素は入れにくいと思うのですが、面白おかしい場面と、感動する場面がはっきりしており、素晴らしかったです。

ただ、途中で瑠衣がキスをする度に『ファーストキスって最高』と連発するシーンがあるのですが、そこだけ英語の方が良かったなあと思ってしまいました。

日本語で聞くと、恥ずかしさや照れ臭さが混じったような変な気持ちになってしまいました。

いかがでしたでしょうか。最初は「ファーストキスなのに、50回も?」という目につくタイトルで手に取りましたが、今でもふと観たくなる作品の1つです。

大輔と瑠衣が無事に結ばれる、笑いあり、感動ありの素敵な作品ですので、ぜひ皆さんも家族や恋人、友達に勧めてみてください。