INTRODUCTION

香港警察爆弾処理班VS凶悪テロリストの壮絶なる対決!

中国で興行収入60億円を記録し、香港、マレーシア、シンガポールと東南アジアで大ヒットとなった超爆発アクション巨編。香港のアカデミー賞である第37回香港電影金像奨では、7部門(作品、監督、主演男優、助演男優、編集、音響効果、視覚効果)にノミネートされ、最優秀助演男優賞を受賞するなど、アクション映画ながらも高い評価を受けた作品である。香港を舞台に、テロリストと戦う香港警察爆弾処理班が、凶悪テロリストとの対決の中で、香港のいたるところに仕掛けられた爆弾を解除する緊迫感とスリル、そして激しい銃撃戦と、警察アクションの醍醐味がクライマックスにいたるまで炸裂している。

イメージ本作品の主演とプロデューサーを務めたのは、中華圏が誇る人気トップスターで『インファナル・アフェア』シリーズ、『グレートウォール』のアンディ・ラウ。出演は、冷酷な爆弾犯罪グループのボスに、中国の名優チアン・ウェンの実弟である『モンスター・ハント』のチアン・ウー。本作で香港電影金像奨最優秀助演男優賞を受賞した『激戦ハート・オブ・ファイト』のフィリップ・キョン、『レッドクリフ』のソン・ジア、『奪命金』のフェリックス・ウォン、『29歳問題』のベイビージョン・チョイが脇を固めている。

監督・脚本は『イップマン 最終章』(13)のハーマン・ヤウが手掛け、アクション監督を香港のみならずハリウッドで『マトリックス リローデッド』『スパイダーマン2』等を手掛けたディオン・ラムが担当している。なお、大ヒットを受けてアンディ・ラウ主演によるPART2の製作も決定している。