CAST&STAFF

監督プロフィール

監督・脚本:ハーマン・ヤウ
1961年香港生まれ。大学卒業後、映画業界入りし、87年『靚妹正傳』(未)で監督デビュー。93年に監督した『八仙飯店之人肉饅頭』が成人指定の作品ながら大ヒットとなり、一躍、残虐恐怖映画の監督として注目を浴びるようになる。また撮影監督としても『黒社会』(89)、『セブンソード』(05)、『血戦 FATAL MOVE』(08)など数多くの作品を手掛けている。他の監督作品に、『タクシーハンター』(93)、『エボラ・シンドローム 悪魔の殺人ウィルス』(96)、『恋のQピッド』(01)、『ドリフト』(00)、『忍者』(06)。『イップ・マン 誕生』(10) 、『イップ・マン 最終章』(13)などがある。

キャスト・プロフィール

アンディ・ラウ
1961年9月27日香港生まれ。TVBのテレビドラマで人気を博し、四大天王と呼ばれる。歌手としても数多くの賞を受賞し、映画も100本以上出演しているなど、アジア圏で超人気を誇る。『暗戦 デッドエンド』(99)と『マッスルモンク』(03)で香港電影金像賞主演男優賞、『インファナル・アフェアIII 終極無間』(03)で台湾金馬賞主演男優賞などを獲得し、幅広い演技を見せている。また、『メイド・イン・ホンコン』(97)や『靴に恋する人魚』(05)など、プロデューサーとしても活躍。他の出演作品に、『いますぐ抱きしめたい』(88)、『欲望の翼』(90)、『インファナル・アフェア』(02)、『ウォーロード/男たちの誓い』(07)、『新少林寺/SHOLIN』(11)、『桃さんのしあわせ』(11)、『名探偵ゴッドアイ』(13)、『グレートウォール』(16)、『グレート・アドベンチャー』(17)などがある。
チアン・ウー
1967年中国河北省唐山市生まれ。トップ俳優で監督、プロデューサーとして活躍するチアン・ウェンの実弟としても知られる。北京電影学院を卒業し、俳優として映画やTVドラマで活躍。99年に出演した『こころの湯』の好演で、長春映画祭、北京大学生映画祭等、国内で数々の最優秀助演男優賞した。そして13年『罪の手ざわり』の主演を演じ、国内外で大きな評価を受けている。また映画プロデューサーや監督としても活躍している。他の出演作品には、『活きる』(94)、『鬼が来た!』(00)、『さらば復讐の狼たちよ』(10)、『捜査官X』(11)、『白蛇伝説』(11)、『スピード・エンジェルス極速天使』(11)、『モンスターハント』(15)などがある。
フィリップ・キョン
1966年10月26日香港生まれ。いくつかの仕事に就いた後俳優となり、亞洲電視のTVドラマに出演。同時に映画出演をするようになる。映画では小さな役が多かったが、2000年代後半になり、ダンテ・ラム監督の『証人』(08)、『密告・者』(10)やジョニー・トー監督の『奪命金』(11)で印象的な役を演じることで次第に大きな注目を浴びるようになり、『大樹は風を招く』(16)で第36回 香港電影金像奨最優秀助演男優賞にノミネートされる。そして『SHOCK WAVEショックウェイブ 爆弾処理班』で香港電影金像奨最優秀助演男優賞を受賞した。他の出演作品に、『奪命金』(11)、『激戦/ハート・オブ・ファイト』(13)、『名探偵ゴッドアイ』(13)、『ファイヤー・ストーム』(13)、『クリミナル・アフェア/魔警』(14)、『小さな園の大きな奇跡』(15)、『ドラゴンマッハ』(15)、『コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝』(16)などがある。

スタッフ

監督
ハーマン・ヤウ
脚本
ハーマン・ヤウ、エリカ・リー
アクション監督
ディオン・ラム
製作総指揮
ダニエル・ラム
製作
アンディ・ラウ、アルヴィン・ラム
撮影
ジョー・チャン
美術
エリック・ラム
衣装
リー・ピククァン
編集
アズラエル・チョン
音楽
ブラザー・ホン

出演

  • アンディ・ラウ
  • チアン・ウー
  • ソン・ジア
  • フィリップ・キョン
  • フェリックス・ウォン
  • ベイビージョン・チョイ

2017年中国=香港映画/広東語/118分/カラー/ステレオ/シネマスコープ/デジタル

原題:拆彈專家Shock Wave

提供:TBSサービス 配給:アーク・フィルムズ